【識者が選ぶプレミアのワースト11】ビッグ6から9人を選出!衝撃的な不調だったのが…

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2021年05月25日

バルセロナのレギュラークラスの到来にファンは沸いたが…

内藤氏が選んだプレミアリーグのワースト11。

画像を見る

 今シーズンのプレミアリーグでは、コロナ禍の過密日程ということもあり、コンディション調整に苦しんだ選手が多かった印象だ。そのため、本来は継続的に結果を残せるレベルの選手たちですら、ありえないミスを犯したり、低調なパフォーマンスに終始したりすることも少なくなかった。そん期待していたからこそ、残念に感じた選手たちを紹介していく。

 まずGKは、正直、低調なプレーに終始した選手はほとんどいなかった。最下位で降格したシェフィールド・ユナイテッドのアーロン・ラムズデールですら、何度もビッグセーブを連発し、能力の高さを見せつけた。そこで、“瞬間最大風速的”に、昨シーズンまででは考えられないようなミスを犯した選手を選んだ。リバプールのアリソンだ。2020年のうちは例年とそれほど変わらないプレーを見せていたが、ファンの間に衝撃が走ったのは年明け以降だろうか。

 きっかけは2月に行なわれ、1-4で大敗を喫したマンチェスター・シティ戦での、ビルドアップでのミスの連発。その後の試合でも、危なっかしいパスを見せることがあり、精神的なダメージを感じさせた。このワールドクラスの能力の高さを分かっているからこそ、こうした不調については驚きを隠せなかった。

【画像】識者が選んだプレミアリーグのベスト11は?
 同じくリバプールでは、フィルジル・ファン・ダイク、ジョー・ゴメスら主力のCB陣に怪我人が続出したことで、穴埋めが期待されたジョエル・マティプの働きもやや残念だった。元々、怪我がちとはいえ、もう少し補填をしてくれるかと思ったが、リーグ戦10試合の出場に留まった。

 CBのもう一枚はエリック・ダイアーだ。ジョゼ・モウリーニョ監督の下での成長を期待していたが、ボールウォッチャーになる癖など、弱点の改善は見られなかった。

 右SBはウォルバーハンプトンのネウソン・セメドを選出。バルセロナのレギュラークラスが到来したことでファンは沸いたが、大きなインパクトを残せず。もともと課題だった守備面はさておき、武器である攻撃面も期待外れで、同じく苦しんだ同胞のリカルド・ペレイラ(レスター)よりもネガティブな印象が強かった。
 
【関連記事】
【識者が選ぶプレミアのベスト11】マンチェスター勢から7人を選出! MVPには群を抜いていた24歳DFを
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
【識者が選ぶセリエAのワースト11】王者陥落のユベントスから最多の4人! 得点ランク1位のC・ロナウドを選出した理由は…
【識者が選ぶセリエAのベスト11】インテルとアタランタから4人ずつを選出! MVPは文句なしで…
「タケの攻撃性能を引き出せる」久保建英にお勧めの移籍先は? スペイン人記者が最も推したのは、“恩師”のいる…【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ