【識者が選ぶセリエAのワースト11】王者陥落のユベントスから最多の4人! 得点ランク1位のC・ロナウドを選出した理由は…

カテゴリ:ワールド

片野道郎

2021年05月22日

ミランからも2人をセレクト

片野氏が選んだ20-21シーズンのセリエAワースト11。

画像を見る

 ワーストプレーヤーを選ぶのは、ベストプレーヤーを選ぶよりずっと難しい。本当に「ワースト」なプレーヤーは、たとえピッチに立つことができたとしても及第点をクリアすることができず、早晩出場機会を失う運命にあるからだ。

 したがって、ここで選んだのは、絶対的なパフォーマンスが低かったというわけではなく、むしろ大きな期待を受けながらそれに見合った活躍ができなかった、あるいは何かしらネガティブな要素を含むシーズンを送った選手たち、ということになる。
 
 ベスト11にも選出したクリスチアーノ・ロナウドを、あえてワースト11にも入れた理由は、まさにそこにある。得点ランクでダントツの29ゴール(第37節終了時点)を挙げたのは確かだ。しかしゴール以外の部分ではチームへの貢献度が低く、組織的メカニズムの中で機能したとは言えなかったこともまた事実であり、それがユベントス低調の原因のひとつとなったことは否めない。得点は挙げたものの、チームの勝利に対する貢献という観点からみたトータルの収支はマイナスだったということだ。
 

 チームとして最も期待を裏切ったユベントスから、さらに4人を選出せざるを得なかったのは、仕方のないところだと思う。パウロ・ディバラは、COVID-19感染や故障のおかげで、一度も十分なコンディションでピッチに立つことができなかった。誰もが認めるタレントの持ち主でありながら、それを全面的に開花させることができないまま27歳というピークの年齢で迎えた「勝負の年」が失望で終わることになったのは残念だ。
 
 鳴り物入りで加入しながら、自身の明確なプレースタイルを確立できないまま中途半端な1年を送ったデヤン・クルセフスキ、今なおユベントスにふさわしいプレーヤーであるのかが定かでないアドリアン・ラビオ、さらにはキャプテンでありながらシーズン終盤にはベンチを暖めるなど、リーダーシップを十分に発揮できなかったクリスティアン・ボヌッチも、低調ユーベを象徴する存在だった。

【関連記事】
【識者が選ぶセリエAのベスト11】インテルとアタランタから4人ずつを選出! MVPは文句なしで…
「他のチームとは違う」久保建英がヘタフェの“内情”を衝撃告白!
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
「彼の出すパスを受けるのは夢」移籍志願のケインが絶賛したMFは?「見たことがないくらい上手い」
長友佑都の名前も!11年ぶり戴冠のインテル、“空白の10年”の「ベスト11」を伊メディアが選出!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ