【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.3】「100人中99人は選ぶ」MFをMVPに!CBに吉田ではなく板倉を選んだのは…

カテゴリ:海外日本人

河治良幸

2021年05月14日

伊東はスコアラーの才能を開花

河治氏が選んだ日本人欧州組のベストイレブン。赤字がMVP、浅野はパルチザンとの契約を解除。

画像を見る

 欧州主要リーグの2020-2021シーズンも残すところあとわずかとなった。このタイミングで、日本人選手に精通する識者にヨーロッパでプレーするサムライ戦士の中から、ベストイレブンとMVPを選出してもらった。河治良幸氏が選んだ顔ぶれは――。

――◆――◆――

 ひと口に欧州と言ってもリーグや所属クラブの難易度に違いはあるので、正直なところ選考は難しい。例えばアタッカーに関して、UEFAカントリーランキング2位のスペインでここまで1得点(国王杯は2得点)の武藤嘉紀や4位のドイツで希望のポジション、役割を与えられない中で奮闘する大迫勇也を9位ベルギーの鈴木優磨や16位セルビアの浅野拓磨と同列で評価するべきかは悩ましい。

 どこまでを”欧州主要リーグ”と見なすかも難しいが、55か国がランキングに載る中で、20位のギリシャぐらいまでか。余談になるが、人数制限のない観戦が認められて話題になったイスラエルが21位、浦和レッズに加入したキャスパー・ユンカーが昨シーズン得点王に輝いたノルウェーが22位だ。そうした背景を踏まえながらも、挑戦する環境の中で出場機会と結果を出している選手を評価する前提で、ステージの難易度を考慮する手順を取った。

【動画】ベルギーでリーグ4位の17発! 鈴木優磨の圧巻ゴール集はこちら
 前線は何より数字を重視して、ベルギーで17得点の鈴木優磨(シント=トロイデン)、セルビアで18発の浅野拓磨(パルチザンを退団)、そしてサイドアタッカーながらここまで11ゴールを記録している伊東純也(ゲンク)を選んだ。

 鈴木に関しては文句の付けようがないシーズンで、異論の余地がないだろう。最前線でポストプレーもこなせる本格派のセンターフォワードとして、欧州主要リーグで獅子奮迅の働きができるタレントが久しぶりに台頭したことは喜ばしく、さらに高いレベルでの挑戦も期待される。

 浅野は爆発的なスピードと活動量を生かし、サイドのポジションからでもゴールに絡めることが出場機会と結果につながったと言える。シーズンを待たず、リーグ戦とカップ戦のタイトルが懸かった時期に退団となったのは残念だが、残してきた結果はストライカーとして高評価に値する。

 右サイドの伊東はよりチャンスメイクをこなしながらの数字であり、欧州での成長を証明する結果だ。またヘンクではアウトサイドに張るだけでなく、かなりインサイドに入るプレーが求められたこともスコアラーの才能を開花させるきっかけになったようだ。
【関連記事】
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.1】“最高成績”という快挙を達成したふたりを高評価! MVPに選んだのは…
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.2】5大リーグでのプレーは評価されるべき。MVPは欧州屈指の“センス”で人気の…
「なぜ久保建英に出番を与えないのか」ヘタフェ指揮官は直球質問に何と答えた?「並外れた選手だが…」
「サカイを決して忘れない」酒井宏樹の“退団報道”に、現地ジャーナリストが惜別「アジアン・スピリットが好きだった」
「大家がたびたびドアを叩き…」浅野拓磨のパルチザン退団の決め手は、“家賃滞納”にあり? 現地メディアが報じる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ