【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.1】“最高成績”という快挙を達成したふたりを高評価! MVPに選んだのは…

カテゴリ:海外日本人

加部 究

2021年05月12日

成長が光る板倉滉をCBで選出

加部氏が選んだ日本人欧州組のベストイレブン。赤字がMVP、浅野はパルチザンとの契約を解除。

画像を見る

 欧州主要リーグの2020-2021シーズンも残すところあとわずかとなった。このタイミングで、日本人選手に精通する識者にヨーロッパでプレーするサムライ戦士の中から、ベストイレブンとMVPを選出してもらった。スポーツライターの加部究氏が選んだ顔ぶれは――。

――◆――◆――

 欧州主要国のふたつのリーグで日本人選手が最高成績を記したシーズンだった。

 まずブンデスリーガでは、遠藤航が一貫してデュエル勝利数で首位を独走してきた。32節を終えて「456」回と、2位のダニエル・カリジューリ(アウクスブルク)に39回の差をつけているので、そのまま最高成績を貫く可能性が高い。

 またセリエAでは、冨安健洋がフィールドプレイヤーでは開幕から最多連続フル出場を果たした。ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督からは全幅の信頼を寄せられ、CBだけではなく両SBとしても充実のプレーぶりで、23節までフル出場を続けた。

 もちろん過去には香川真司がドルトムントの中核として二冠に導いたこともあるが、チームの一員としての好成績ではなく、明らかに個が光ったトピックとしては快挙だった。
当然MVP争いはふたりに絞られたわけだが、冨安がシーズン中に故障で2度の離脱をしていることを考えれば、遠藤をMVPと見るのが妥当だろう。

【動画】ベルギーでリーグ4位の17発! 鈴木優磨の圧巻ゴール集はこちら
 次にベストイレブンだが、GKは川島永嗣がストラスブール、シュミット・ダニエルがシント=トロイデンと、いずれも下位に沈んだチームでコンスタントな出場を果たした。両選手の成績は甲乙つけ難いが、リーグの厳しさとレギュラー奪取の難易度を考えて川島を選択した。

 最終ラインは頭抜けた実績を残した冨安と、サンプドリアでほぼ第一選択肢としてプレーし続けた吉田麻也、それにマルセイユで不動の評価を確立し続けている酒井宏樹の3人が文句なし。残るひとりは、AZで常時出場を続けて来た菅原由勢、左SBでは安西幸輝がポルティモエンセでレギュラーに定着し、中山雄太もズウォーレで同様の成績を残している。だがそれ以上にフローニンヘンでCBとして出場し続けて来た板倉滉の成長が光るので、やや手薄な左SBに冨安を回すことにした。
 
【関連記事】
「セルビア全体に屈辱を与えた、恥だ」浅野拓磨への給与未払いを選手組合会長が糾弾!「アサノの行為は陰湿ではない」
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
「大家がたびたびドアを叩き…」浅野拓磨のパルチザン退団の決め手は、“家賃滞納”にあり? 現地メディアが報じる
「サカイよ、日本人選手も悪くなかった」J復帰報道の酒井宏樹、仏メディアがマルセイユ退団を惜しむ「闘志と使命感は誰よりも輝いていた」
「スズキがたったの5億円?」移籍濃厚のSTVV鈴木優磨の売却価格が安すぎる!? ベルギー・メディアが愕然!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ