【J1採点&寸評】名古屋1-0C大阪|MOMは決勝弾の“鉄人”SB!古巣戦の柿谷、交代出場で流れを変えた齋藤も高評価

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2021年05月09日

名古屋――川崎戦に触発されボランチ米本も積極的に攻撃参加

【警告】名古屋=米本(70分)、柿谷(77分) C大阪=高木(59分)
【退場】名古屋=なし C大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】吉田 豊(名古屋)

画像を見る

[J1リーグ13節]名古屋1-0C大阪/5月8日(土)/豊田スタジアム

【チーム採点・寸評】
名古屋 6

川崎に喫した連敗を踏み台に、あくまで自分たちらしさの表現に徹して代名詞ともいえるウノゼロ勝利。インテンシティの高さ、運動量の多さで形勢を掴み、最後はJ1通算300試合出場を達成したSB吉田豊が仕留め、勝点3を得る。

【動画】名古屋、吉田豊の今季初ゴールが決勝弾!C大阪戦のハイライトをチェック!

【名古屋|採点・寸評】 
GK
1 ランゲラック 6.5

判断に迷うシュートもセーフティファーストにさばき、クロス対応では高さを生かして味方を助けた。相手の攻撃がサイドに偏っていただけに、守護神が制空権をつかんだことは大きなアドバンテージに。

DF
17 森下龍矢 6

途中交代とは違い、全体のバランスを見ながらのプレーに前節の勢いはやや抑えめ。何度もポジショニングを指示されながらもボールを持てばガツガツと仕掛け、まずまずのプレーぶり。

4 中谷進之介 6.5
数少ないピンチに身体を投げ出し、初スタメンの森下を支えながらのプレーもしっかりこなした。ここ数試合を思えば狙われていたサイドでもあったと想像するが、きっちり蓋をした。
 
3 丸山祐市 6
誰もが前節からの汚名返上と見る中で、いつも以上に大きな声で味方を鼓舞し、コーチングでチームを整備し続けた。ハッキリとしたプレー選択は反省の跡か。無難な一戦に。

MAN OF THE MATCH
23 吉田 豊 6.5

セレッソの起点のひとつ、坂元を潰して前に出て、後半には決勝点もマーク。SBながらペナルティエリア内でのこぼれ球を押し込むシュートには、勝利への強い執念を感じた。

MF
2 米本拓司 6.5

守備だけでなく攻撃面でもその運動量を存分に費やし、強度の高い試合をその背中で表現した。川崎に触発されての攻撃参加は精度面では改善の余地を残すも、トライする精神には頭が下がる。

15 稲垣 祥 6
守備面ではここ数試合で崩されていたスペースへのカバーリングの意識が高く、ボールを奪う、スペースを消すという作業に目を光らせた。もちろん攻撃参加も多く、高い位置でのプレーも目立った。
 
【関連記事】
「そもそも戦っていなかった」川崎戦連敗から名古屋はいかに立て直したか。C大阪戦で決勝弾の吉田豊の見解
【J1】独走態勢揺るがず…2位名古屋が9度目の完封勝ちも、川崎がガンバ撃破で勝点差は「9」のまま
「大家がたびたびドアを叩き…」浅野拓磨のパルチザン退団の決め手は、“家賃滞納”にあり? 現地メディアが報じる
「すげぇ海越えてる」名古屋女性サポの渾身ガッツポーズ動画に海外クラブも反応!柴崎所属レガネスの女子チームからも…
プロ分析官が注目の上位対決『横浜vs神戸』を徹底展望! 両サイドアタッカーの“異なる狙い”に注目!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ