【J1】独走態勢揺るがず…2位名古屋が9度目の完封勝ちも、川崎がガンバ撃破で勝点差は「9」のまま

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月08日

レアンドロ・ダミアンが今季10点目、三笘が同5点目!

三笘がリーグ5点目をマークした。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは5月8日、各地で13節の3試合を開催。首位の川崎フロンターレは3連勝を飾った。

 川崎は敵地でのガンバ大阪戦に臨んだ。序盤からリズムを掴んだ川崎は、G大阪の粘りにやや苦しんだものの、41分にレアンドロ・ダミアンの今季10ゴール目で先制。さらに76分には途中出場の三笘薫が今季5点目となる追加点を決め、2対0で勝利を収めた。川崎は3連勝で、今季開幕から15戦負けなし。勝点を41とした。

 2位の名古屋グランパスはホームにセレッソ大阪を迎え、1対0で今季9度目の完封勝ちで、同6度目のウノゼロ勝ち。66分の吉田豊のゴールが決勝点となった。名古屋は勝点を32としたが、川崎も勝利したためその差は依然として9ポイントとなっている。川崎が盤石の独走態勢を築いている。

 また3位のサガン鳥栖はホームにサンフレッチェ広島を迎え、0-0のドロー決着。4連勝を逃したが、勝点27で暫定3位をキープ。一方の広島は連敗を止めたものの、6試合未勝利となった。
 

 13節は5月9日に、各地で7試合が開催される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
識者が判定! 久保建英と三笘薫、いま凄いのはどっち?<1>ともに課題は守備力も、現時点では圧倒的に…
プロ分析官が注目の上位対決『横浜vs神戸』を徹底展望! 両サイドアタッカーの“異なる狙い”に注目!
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
川崎がG大阪を一蹴!L・ダミアン&三笘のゴールで3連勝&無敗継続。盤石の強さで首位独走
名古屋が連敗ショックを払拭する今季6度目の“ウノゼロ”勝利!J1通算300試合出場、吉田豊の今季初ゴールでC大阪を下す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ