【J1採点&寸評】浦和3-2大分|浦和が会心の逆転勝利!立役者として高評価したのは…

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年04月25日

浦和――小泉は余裕すら感じさせた

【警告】浦和=なし 大分=小出(49分)
【退場】浦和=なし 大分=なし
【MAN OF THE MATCH】小泉佳穂(浦和)

画像を見る

[J1第11節]浦和3-2大分/4月25日/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
3分に幸先良く先制したものの、その後は大分のブロックをなかなか崩せないまま前半のうちに逆転を許す。それでも後半は攻勢を強めて見事に逆転。勢いのつく勝利を掴んだ。


【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
失点はいずれも反応が難しいシュートではあったものの、後半アディショナルタイムの三度のファインセーブでチームを勝利に導いてみせた。

DF
4 岩波拓也 5.5
フィードが思った方向に飛ばなかったり、空中戦でボールを後ろに逸らしたりと、らしくないミスが散見。安定感を欠いた。

5 槙野智章 6
24分にはシュートを足に当てながらも止められず。さらに41分にはクリアミスで2点目を献上と、後半途中までは要所で悪いところが目立った。しかし75分に値千金の同点ゴールで帳消しに。

6 山中亮輔 6(60分OUT)
3分の西への柔らかなクロスは、タイミング・強さともに正確で、まさに絶品。守備では後手を踏む場面もあったが、攻撃では常に相手の優位に立っていた。

8 西 大伍 7
タイミングを見た攻め上がりで、攻撃に極上のアクセントをもたらす。3分に強烈なボレーシュートで先制ゴールを奪った。
 
MF
15 明本考浩 6.5
攻撃から守備に切り替わった瞬間に出足の素早いタックルを見舞い、何度も敵の起点を潰した。積極果敢な仕掛けも効いていた。

MAN OF THE MATCH
18 小泉佳穂 7.5(90+6分OUT)
守備では巧みにスペースを埋めつつ、後半は2アシストと決定的な仕事を果たし、逆転勝利の立役者に。相手を手玉に取るボールキープに余裕すら感じさせた。

29 柴戸 海 5.5
カバーリング能力を遺憾なく発揮。西が攻め上がれば右SBのエリアに入り、ブロックに綻びを作らなかった。ただ31分のシュートやパスなど、細かいミスは反省材料だ。

41 関根貴大 5.5(69分OUT)
相手ゴール前やバイタルエリアに抜け出して得点に絡もうと奮闘。しかし一つひとつのプレー精度を欠いた。
 
【関連記事】
浦和が田中達也の勝ち越し弾で3-2の逆転勝利! 大分は町田也真人の2発むなしく7連敗…
浦和、20年度の純損失は過去最大6億1200万円で2度目の赤字に。一方で昨年比15億円以上のコストカットも
失点に関与も17歳新人をフル出場させ勝利に導いた浦和指揮官。先発起用した3人の十代に未来を感じた夜
「何をしてもカッコいい!」浦和レッズ槙野智章のオフ・ザ・ピッチ姿に反響「どこの使ってるんですか?」
【セルジオ越後】簡単ではないが“死の組”じゃない。五輪のノルマはメダル。獲らないと話題にもならないよ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ