【J1採点&寸評】神戸1-1清水|攻守に存在感のあったブラジル人SBを最高評価! 同点弾の古橋もMOM級の働き

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2021年04月12日

神戸――同点に持ち込むも課題が残る一戦に…

【警告】神戸=なし 清水=なし
【退場】神戸=なし 清水=なし
【MAN OF THE MATCH】エウシーニョ(清水)

画像を見る

[J1リーグ9節] 神戸1-1清水/4月11日(日)/ノエビアスタジアム神戸

【チーム採点・寸評】
神戸 6
試合を通して相手のペースで進んだ。攻撃の形が作れずに前半はシュート0本。74分には先制点を許した。88分の古橋のゴールで引き分けたものの、課題が残る一戦に。

【神戸|採点・寸評】
GK
1 前川黛也 6
6分に井上との連系ミスで鈴木唯に決定機を作られた場面は次に改善したい。エウシーニョの先制点は相手を褒めるべきだ。

DF
23 山川哲史 6(82分OUT
前半は中村を潰し切れず、起点を作られた印象。もう少しクロスの本数は欲しかったが、後半は強度を上げて相手を押し込んだ。

17 菊池流帆 6
31分に山口への横パスを中山に奪われてピンチに。だが、T・サンタナと互角のバトルを繰り広げるなど、貢献度は高かった。

3 小林友希 6
攻撃ではビルドアップ時に効果的な縦パスが少なかった。ただ守備では対人やカバーリングで存在感を放った。

24 酒井高徳 6
中山に手を焼きながらも最後は止めるあたりはさすが。64分と68分には立て続けの鋭いクロスでチャンスを作った。
 
MF
5 山口 蛍 6
全体的にはゲームを支配できず、上手くパスを受けられなかった。ただ25分の古橋への鋭い縦パスは効果的だった。

20 井上潮音 5.5
7分、前川へのバックパスが弱く、それを鈴木唯に狙われて決定機を作られた。相手に良さを消されていた印象だ。

31 中坂勇哉 6(60分OUT
攻撃ではキープ力を活かしたが、決定的な仕事はできなかった。それでも、奥井へのタイトな守備は効果的だった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ