• トップ
  • ニュース一覧
  • 【神戸】古橋亨梧がチームを救う4試合連続弾! それでも唇を噛むワケ「やっぱり2点目を取れる力をもっと…」

【神戸】古橋亨梧がチームを救う4試合連続弾! それでも唇を噛むワケ「やっぱり2点目を取れる力をもっと…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月11日

「センタリングを上げてくれる確信があった」

古橋がチームを救う同点ゴールを挙げた。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ9節]神戸1-1清水/4月11日(日)/ノエビアスタジアム神戸

 相手にボールを保持される展開のなか、古橋亨梧が終盤に決めた同点ゴールで神戸がしぶとく勝点1を手にした。

 立ち上がりから多くの時間で清水に主導権を握られた。相手の前線からの激しいプレスに苦戦し、なかなか自分たちのサッカーができない状況が続くなか神戸は、74分に先制点を奪われる。それでも終盤に猛攻を仕掛けると、88分にペナルティエリア左でボールを拾った初瀬亮からのクロスを、古橋が右足で合わせて1-1のドローに持ち込んだ。

 貴重な同点弾を挙げた古橋は試合後のフラッシュインタビューで、チームを救った自身のゴールシーンについて、「(初瀬)亮は必ずセンタリングを上げてくれる確信があったので、相手の前に入ったら良いボールが来た。あとは決めるだけでした」と振り返った。
 
 それでも、ここまで3連勝中だった神戸にとっては痛恨のドロー。古橋は、追加点を奪えなかった悔しさを露わにした。

「90分通して難しい試合で、先に先制されてこっちも連係が上手くいかなかった。追いつけたのは良かったですけど、でもやっぱり2点目を取れる力をもっとつけなければいけないなって思います」

 この試合の得点が自身にとって4試合連続での得点となったが、「みんなのサポートのおかげ」と感謝を示しつつ、「やっぱり勝ちに繋がるゴールをこれからも求めていきたい」と意気込みを口にした。

 神戸は次戦、17日にアウェーで湘南ベルマーレと対戦。古橋の5戦連続ゴールにも注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
神戸が古橋の4戦連発弾で1-1のドローに持ち込み貴重な勝点1! 清水は主導権を握るも勝ち切れず…
【J1】日程・結果
2試合14発のゴールショーの裏に潜む課題…なでしこジャパンが“持っていないもの”
「疾風怒濤の勢いだ」なでしこジャパンの“ゴールショー”にパナマ・メディア脱帽!「圧倒的な強さを見せつけた」
【クラシコ採点&寸評】R・マドリー2-1バルセロナ|華麗なヒール弾の主砲をMOMに!ウイング起用が大当たりのMFも最高評価

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ