【神戸】ケニア代表ストライカー、アユブ・マシカがノエスタで初お披露目!「早くこのスタジアムでプレーしたい」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月11日

「この雰囲気は自分を後押ししてくれます」

期待の新助っ人、アユブ・マシカが初めてサポーターの前に登場した。(C)VISSEL KOBE

画像を見る

[J1リーグ9節]神戸1-1清水/4月11日(日)/ノエビアスタジアム神戸

 古橋亨梧の土壇場の同点ゴールで、清水を相手に引き分けに持ち込んだ神戸。この試合のハーフタイムで、今季新たにチームに加わったケニア代表のFWアユブ・マシカが初めてサポーターの前に姿を現わした。

 マシカは、爆発的なスピードが武器のストライカーだ。ベルギーや中国、イングランドのクラブを渡り歩き、今シーズンより神戸に加入。すでに来日はしていたが、新型コロナウイルスによる政府が定める隔離期間を消化していたため、このタイミングでのお披露目となった。

 黒のパーカーに黒のズボン、クラブオフィシャルのマスクを身に着けてピッチに登場したマシカは、ノエビアスタジアム神戸の印象について、「すごく素晴らしいエネルギーと、ポジティブなエネルギーを自分のなかに受けるこの雰囲気は、自分を後押ししてくれますし、チームを間違いなく後押ししてくれるという事を感じました」と満足気なコメントを残した。
 
 ケニア代表としても28試合・5得点を記録する28歳は、「2週間の難しい隔離期間のなかでは、1人でのトレーニングという形でしたが、皆とボールを蹴って、チームにいち早く溶け込んで、早くこのピッチ、スタジアムでプレーしたい」と意気込みを語っている。

 終始笑顔でスタンドのファンに手を振っていたマシカ。期待の新助っ人は、現在3位に位置する神戸をさらなる浮上へ導けるか、注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
神戸が古橋の4戦連発弾で1-1のドローに持ち込み貴重な勝点1! 清水は主導権を握るも勝ち切れず…
【神戸】古橋亨梧がチームを救う4試合連続弾! それでも唇を噛むワケ「やっぱり2点目を取れる力をもっと…」
「天才と神様だ!」小野伸二が恩師との邂逅を報告! 日伯レジェンドの2ショットにファン大感激
「タケはとても良かった。だが…」なぜ久保建英を51分で下げたのか? ヘタフェ指揮官が理由を明かす
「意味不明だ、許せない!」久保建英、まさかの早期交代に辛辣批判!「誰か説明してくれ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ