攻守にいまひとつの出来… DFB杯・バイエルン戦でなぜ香川は輝けなかったのか

カテゴリ:Jリーグ

山口裕平

2015年04月29日

ラインを下げたバイエルンにパスコースを閉じられた香川。

前線から精力的に敵を追った香川だが、プレスがかわされる場面が目についた。(C) Getty Images

画像を見る

 佳境を迎えたDFBカップは4月28日に準決勝が行なわれ、4月初めにリーグ戦で顔を合わせたバイエルンとドルトムントが激突した。この試合に先発出場した香川真司は、70分までプレーし途中交代。その後チームはPK戦の末にバイエルンを下し、2年連続の決勝進出を決めた。
 
 クロップ監督はリーグ前半戦での対戦時と同様に、4-3-3でこの試合に臨んだ。ロイスとオーバメヤンをウイングのような形でプレーさせ、香川をCF的なポジションに配置。この3人が高い位置からプレスを徹底することで、バイエルンのパス回しの起点であるシャビ・アロンソから自由を奪おうとした。
 
 前回対戦時は、シャビ・アロンソをケアすることでバイエルンの攻撃を限定することができたドルトムントだが、この日はリーグ王者のビルドアップに後手に回る場面が目立った。
 
「今日はラームとボアテングとアロンソで1対3みたいな感じで、そこでどう上手く(マークに)付けばいいのかが難しかった」
 こう香川が語ったように、ボールの出所にプレスを掛けても簡単にパスを捌かれてしまい、ボールの奪いどころをハッキリさせることができなかった。バイエルンのビルドアップに関しては、香川も「やっぱり上手かったですね」と認めざるを得なかった。
 
 一方の攻撃面では、香川は相手のディフェンスラインとボランチの間でボールを受け、そこから前を向いてバイエルンの守備を崩そうとした。とはいえ、バイエルンのボールを失ってからの素早いプレスに、ドルトムントはボールを奪ってもなかなかパスをつなげない。前線に位置する香川が、大柄なボアテングとの競り合いに晒される場面も多かった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ