大学地域対抗に緊急参戦の日本高校選抜。初戦惜敗も大熱戦の背景にあった選手、指導者の想い

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2021年03月04日

「デュッセルドルフがなくなったことは残念な気持ちでいっぱいで…」

日本高校選抜は初戦で関西選抜に3-4と惜敗したものの白熱の試合を展開した。写真:安藤隆人

画像を見る

 昨年から続く新型コロナウィルス感染症拡大の影響は今年も大きく出てしまっている。選手権の優秀メンバーをメインに構成される日本高校選抜も例外ではなく、恒例行事となっている2月の静岡ヤングフェスティバルと、4月にドイツで開催予定だったデュッセルドルフ国際ユース大会が相次いで中止。中でもデュッセルドルフの大会は、このチームの最終ターゲットとなるはずだっただけに、「本当に楽しみにしていて、デュッセルドルフがなくなったことは残念な気持ちでいっぱい。正直、どうやって選手たちに高校選抜の活動のモチベーションを上げてもらおうか考えていた」と蒲原晶昭監督も落胆の色を隠せなかった。

 しかし、この苦しい状況下で事態は大きく動いた。中野雄二・全日本大学サッカー連盟副理事長やJFAの林義規競技会委員長など、活動する場を失った高校選抜に対し、埼玉で3月3日から行なわれる大学地域選抜の対抗戦、第35回デンソーチャレンジサッカー(以下・デンチャレ)への参加を決めたのだった。

「中野さんや林さんなどの関係各所の方々がこの大会の参加を提案していただいた時には、本当に大きな経験になると思いましたし、このチームの大きなモチベーションにつながりました」

 対戦する相手は全て大学生で、その中でも各地域の優秀な選手を集めた大学選抜。全ての相手が格上であり、かつ高1の選手からすれば大学3年生もおり、実に5学年差もある。しかも45分ハーフのゲームで全体の強度やプレースピードなど、どの相手と戦ってもこの上ない経験になることは間違い無いだけに、ショックを受けていたチームにとって大きな光となったのは間違いない。

 迎えた初戦、相手は関西選抜。プロ注目の選手が多く揃っている相手に、風上に立った前半から一気に攻勢に出ると、いきなり試合を動かした。9分、右MF荒井悠汰と右サイドバックの内田陽介の右サイドのコンビネーションから崩すと、内田のクロスにニアで1年生FW福田師王が冷静に蹴り込んで、日本高校選抜が先制に成功をした。

「選手たちは相手が大学生であろうと関係ないという雰囲気でやってくれたので、立ち上がりのところから『これはやってくれるぞ』と感じていました」
 
【関連記事】
【編集部が選ぶ選手権のベスト11】準優勝の青森山田から最多の5人を選出!最も選考が難しかったのが…
「僕らふたりが高校選抜の核となって…」埼玉スタジアムで3戦連発! 選手権得点王・安斎颯馬が繋ぐ戦友との固い絆
大会得点王・安斎颯馬は涙止まらず… 決勝で今大会5ゴール目も、PK戦では中学時代の元チームメイトに…【選手権】
選手権優秀選手39名を発表!激闘の決勝を戦った山梨学院と青森山田からは7人ずつ選出!
【選手権】来季も期待大の下級生ベストイレブン!青森山田、昌平、矢板中央、帝京長岡から各2名を選出

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ