【選手権】来季も期待大の下級生ベストイレブン!青森山田、昌平、矢板中央、帝京長岡から各2名を選出

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2021年01月12日

GKにはPK戦で無類の強さを見せた守護神をセレクト!

1、2年生の活躍も目立った今大会。ほかにも来季以降の活躍が期待される選手は多かった。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 11年ぶり2度目となる山梨学院の優勝で幕を閉じた今年度の高校サッカー選手権。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、準々決勝までは学校関係者、以降は無観客での開催となったが、多くの関係者の尽力によって全日程を無事に終えることができた。そうした異例の大会で3年生たちの活躍も目立った一方、来年度のブレイクを狙う下級生たちも台頭。彼らが今後のどのような成長を遂げていくのか注目が集まる。そこで今回は大会で飛躍を遂げた者や結果を残した選手たちをピックアップ。さらなる成長が期待される逸材候補生を一挙に紹介する。

サッカーダイジェストWeb編集部が選んだ今大会のベストイレブンは?

GK
藤井陽登(矢板中央/2年)
物怖じしない強心臓とここ一番でのシュートストップが光った。17本のシュートを放たれた東福岡との3回戦(0−0/3PK1)ではビッグセーブを連発。最終盤には至近距離で打たれた決定機を2本連続で止め、PK戦では徳島市立との2回戦(1−1/6PK5)に続いて相手のキックを阻止してヒーローとなった。準決勝の青森山田戦(0●5)では大敗に涙を見せたが、大会を通じて安定したパフォーマンスを見せたのは間違いない。来季は目標のプロ入りを果たすべく、2年連続でベスト4入りに貢献した守護神はさらなる飛躍を期す。

DF
島﨑勝也(矢板中央/2年)
“矢板中央伝統”の堅守を支えた188センチの大型CBだ。1年生の頃は線が細く、競り合いに課題を残していたが、今年は筋肉量が増えて逞しくなった。空中戦で強さを発揮するだけではなく、球際の攻防も簡単に引かなくなったのは成長の証。武器であるロングスローも飛距離が上がり、チームのストロングポイントとして有益だった。来季は課題のポジショニングやリーダーシップに磨きをかけ、守備の中心人物として活躍が待たれる。

DF
松村晟怜(帝京長岡/2年)
左利きで180cmオーバーのサイズ。近年のトレンドに即した有望株が全国舞台で可能性を示した。昨季はアタッカーとして選手権を経験したが、夏前にCBへコンバートされて才能が花開いた。12月には負傷で参加できなかったが、U-17代表候補に選出。本大会でも正確なフィードで攻撃の起点となりつつ、スペースを埋めるポジショニングなどで守備センスの高さを見せた。転向して日が浅いため、伸びしろは十分。空中戦でも強さを発揮できるようになれば、高卒でのプロ入りがより現実味を帯びてくるはずだ。

DF
本間温士(昌平/2年)
技巧派が揃う埼玉のタレント集団において、異質な存在感を放った快速SBだ。京都橘との2回戦(2○0)から先発に定着すると、豊富な運動量と思い切りのいい縦突破で攻撃に参加。足下でボールを受けるタイプが多い中で、相手DFの背後に飛び出す動きは相手にとって厄介でチームの仕掛けに変化をもたらす存在だった。来季もテクニックに長けた選手が揃う昌平で、推進力を発揮できるか注目だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ