大会得点王・安斎颯馬は涙止まらず… 決勝で今大会5ゴール目も、PK戦では中学時代の元チームメイトに…【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月11日

後半18分には一時勝ち越しとなるゴールを決める

後半18分に一時逆転となるゴールを決めた安斎。大会得点王を獲得した。

画像を見る

[高校選手権 決勝]山梨学院2(4PK2)2青森山田/1月11日(月・祝)/埼玉

 昨年の悔しさを晴らすことはできなかった。今大会単独での得点王となったアタッカーの目には涙があふれていた。

 第99回全国高校サッカー選手権大会は1月11日、埼玉スタジアムで決勝が行なわれ、山梨学院が11年ぶり2度目の優勝を飾った。

 1-1で迎えた後半18分、右サイドを突破したMF藤森颯太(3年)からのクロスに、準決勝でハットトリックを達成したMF安斎颯馬(3年)がスライディングで飛び込むと、シュートは中学時代の元チームメイトのGK熊倉匠(3年)の手をすり抜け、ゴールに収まった。得点ランク単独首位に立つ今大会5ゴール目で一時は逆転に成功した。

 しかし、その後山梨学院に追いつかれ、迎えたPK戦。安斎は2人目で登場すると、シュートは熊倉に読み切られ、阻まれてしまう。青森山田はさらに一人が失敗し、直後に成功させた山梨学院に軍配が上がった。

 試合後、安斎は人目をはばからずに号泣。ともに2シャドーとして戦った松木玖生(2年)が、傍らで3年間の労をねぎらうように、安斎にそっと手をやり慰めていた。

 全国制覇の夢は掴み切れなかった。しかし、それでも今大会5ゴールで単独得点王に輝いた圧巻の活躍ぶりは、少しも色あせることはないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【決勝PHOTO】青森山田2-2山梨学院|PK戦にもつれる死闘を制したのは山梨学院!熊倉匠のPKストップが炸裂し、11大会ぶり2度目の全国制覇!

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新・本田望結まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ