徳島内定の日大藤沢FW鈴木輪太朗イブラヒームが入団会見! ガーナ人の父を持つ192センチFWへの評価とは?

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2021年01月09日

コロナ禍でJクラブへの練習参加も思うようにできず、ようやく勝ち取った入団内定

会見に臨んだ鈴木(中央)と徳島の高本スカウト(左)、日大藤沢高の佐藤監督(右)。写真:松尾祐希

画像を見る

 サッカー経験者であるガーナ人の父とバレーボールが得意だった日本人の母から受け継いだ身体能力に、192センチという規格外の高さ、機動力、足もとの柔らかさ。将来性豊かなストライカーが徳島から世界を目指す。

 1月4日に徳島ヴォルティスへの加入が発表された日大藤沢の鈴木輪太朗イブラヒーム(3年)が8日に入団内定会見を行なった。

 コロナ禍でJクラブへの練習参加が思うようにできなかった異例のシーズンを経て、勝ち取った入団内定。ここに来るまでの道のりは簡単ではなかった。

 2年次は身体の成長や精神面の成長を促すべく、ジョーカーとして起用される場面が多かった鈴木。ただ、ポテンシャルは高く評価され、最終学年を迎えたタイミングで複数のクラブから興味を示されることが予想されていた。

 しかし――。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、3月から学校が休校となって部活動は活動自粛に。さらに関東大会やインターハイが中止となり、9月に開幕延期となったリーグ戦も試合数が減った。また、プロ入りをアピールする場がなくなっただけではなく、感染予防の観点からJクラブへの練習参加も叶わなかった。

 そうした状況に鈴木は高卒でのプロ入りを諦めかけ、大学への進学を視野に入れるようになる。夏休みには複数の大学から誘いを受けていたこともあってセレクションに参加。将来を見越した進学を両親も好意的に受け止めていたという。ただ、本人はギリギリまで進路を悩み、大学への返事は8月5日までに行なわなければいけない。その中で鈴木は直前まで考え続け、佐藤輝勝監督にプロ入りの意思を伝えたのは日付が変わる24時手前だった。

 悩み抜いて出した答え。覚悟は決まった。そこからはプロ入りを実現するために、佐藤監督と二人三脚でJ入りを目指していく。自身を売り込むべく、指揮官にプレー集を作成してもらうなど、可能性を広げるために動いた。そんななかで動向を追ってくれたのが、早い段階からリストアップをしていた徳島だ。強化部の高本詞史スカウトは初めて見た時の印象をこう話す。

「夏休みの練習試合で、初めて生で見た時に一際目立つサイズ感に加え、身長があるのに動きに硬さがなかった。しなやかさもあったので、そこもストロングポイント。最初の印象でこれは良いと思いました」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ