• トップ
  • ニュース一覧
  • 【選手権展望】山梨学院vs帝京長岡|優勝に王手をかけるのは”打たせない守備”か? “息の合った攻撃”か?<準決勝 第1試合>

【選手権展望】山梨学院vs帝京長岡|優勝に王手をかけるのは”打たせない守備”か? “息の合った攻撃”か?<準決勝 第1試合>

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2021年01月08日

山梨学院の鉄壁の守備に注目!

2009年度以来の優勝を狙う山梨学院(左)と、初の全国制覇を目指す帝京長岡(右)が準決勝で激突する。写真:浦正弘/写真:田中研治

画像を見る

選手権準決勝・第1試合
山梨学院(山梨)vs 帝京長岡(新潟)
1月9日(土)/12:05/埼玉スタジアム2002

 山梨学院(山梨)が初出場初優勝を果たした2009年度以来のファイナル進出を果たすのか、昨年度はベスト4で涙を飲んだ帝京長岡(新潟)が悲願の全国制覇に近づくのか。準決勝・第1試合は、どちらが勝つのか分からない接戦が予想される。

 初戦の米子北(鳥取)を筆頭に実力派のチームを破って勝ち上がってきた山梨学院は、いずれもロースコアの展開を制してここまで勝ち上がってきた。許した失点は、PK戦までもつれた3回戦の藤枝明誠(静岡)のみという鉄壁の守備を支えるのは、主将のGK熊倉匠(3年)だ。「自分がゴールを決められなかったら負けることはない」と口にする守護神は、落ち着いたセービングで決定機をことごとくストップ。CB一瀬大寿(3年)らに的確なコーチングを行ない、”シュートを打たせない”対応にも優れているのは心強い。
 
 また、相手に応じたゲーム運びを完璧に進められるのも今年の強みだ。印象的だったのは、鹿島学園(茨城)と対戦した2回戦の試合運び。初戦に負った怪我により、181センチのCB板倉健太(3年)が欠場したため、平均178.5センチと高身長の選手を揃えた鹿島学園に真っ向勝負でセットプレーを挑まれたら、分が悪い。身長差のハンデを補うため、競り合う際のポジショニングなど細部にまでこだわって守備の準備を進めていた。

 準々決勝の昌平(埼玉)戦では、相手の持ち味である素早いパスワークを分断するため、前線からのアグレッシブなチェイシングでパスコースを制限。乱れたボールをMF谷口航大(2年)と石川隼大(2年)のダブルボランチが、きっちり回収して攻撃に繋げた。相手のストロングポイントを消すために、選手全員が与えられた役割を忠実にこなせるのは見事で、長谷川大監督は2回戦を終えた後に「それぞれが持つ色と役割をタイミングよく発揮させたい」と口にしている。
 
【関連記事】
選手権得点王は誰の手に? 準々決勝終了時点での得点ランキングをチェック!
選手権で猛威を振るう“ロングスロー”が物議。「どうかと思う」「何がダメなん?」とファンも賛否両論
プロ内定4名を擁しても…優勝候補・昌平はなぜ敗れたのか? タレント軍団を封じた山梨学院の戦略とは?【選手権】
山梨学院が優勝候補・昌平を撃破! 大会初弾の久保壮輝に指揮官が感じた人間的成長「お前を信じている」【選手権】
帝京長岡、「歴代最強」超えなるか? 急成長を遂げる3年生FWが堅守・市船の牙城を崩す会心ゴール!【選手権】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ