• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】浦和3-1C大阪|"坂元封じ"&強烈ミドルのレフティがMOM!J1通算得点ランク単独4位の興梠も高評価

【J1採点&寸評】浦和3-1C大阪|"坂元封じ"&強烈ミドルのレフティがMOM!J1通算得点ランク単独4位の興梠も高評価

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年10月25日

浦和――山中は、坂元を封じ、強烈ミドルで勝ち越し弾も

【警告】浦和=橋岡(37分)、杉本(87分) C大阪=瀬古(33分)
【退場】浦和=なし C大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】山中亮輔(浦和)

画像を見る

[J1第24節]浦和3-1C大阪/10月24日/埼玉スタジアム2002

【チーム採点・寸評】
浦和 7

丁寧に試合を運び、見事ホームで連勝を飾る。先制を許したものの、すぐさま追いつき、前半のうちに逆転に成功。なにより以前まで単調だった攻撃が多彩になっているのが大きな収穫だ。


【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6

28分の豊川のシュートには手も足も出せず……。それでも69分にB・メンデスのヘディングをかき出したのは、素晴らしかった。

DF
5 槙野智章 6

身体を張ってシュートブロックに入り、山中のカバーリングもそつなくこなした。先制された直後にチームメイトを集め、気持ちを切り替えさせた点も称賛に値する。

MAN OF THE MATCH
6 山中亮輔 7(90+7分OUT)
要注意人物のひとりであるドリブラーの坂元に粘り強く対応し、仕事をさせなかった。さらに強烈なミドルシュートで勝ち越し弾も奪ってみせた。このレフティこそ、この試合の勝利の立役者だ。

27 橋岡大樹 6
清武がボールを持てば、自由にさせまいと素早いチェックを繰り返した。相手アタッカーにかわされる場面はあったが、トータルで見れば悪くない出来だった。

31 岩波拓也 6
豪快なロングフィードで攻撃のスイッチを入れた。豊川に振り切られたのは悔いが残るも、それ以外では相手FWに食らいつき、勝利に小さくなく貢献。
 
MF
7 長澤和輝 6.5

守備の要所要所で存在感を発揮。ボールホルダーを素早く囲い込み、圧力をかけ続け、相手の厚みのある攻撃を分断させた。

8 エヴェルトン 6
いち早くセカンドボールに反応し、相手の二次攻撃をストップした。またボールロストが少なく、攻撃の起点として機能していた。

11 マルティノス 6(85分OUT)
相手DFをかわし切れずに、なかなかボールを前に運べずにいた。しかし71分にこぼれ球を押し込んでダメ押しの3点目をゲット。仕事は果たした。

24 汰木康也 6.5(90+7分OUT)
トラップミスが散見されるも、時折見せるドリブルは鋭かった。32分にエリア内でファウルを誘ってPKを獲得し、71分には左サイドを突破して3点目を演出してみせた。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】嘆かわしいサッカー界の不祥事…クラブの責任逃れを疑われてもおかしくない事態だ!
浦和が興梠のPK弾などで今季3度目の逆転勝利!C大阪は11節の川崎戦以来の逆転負けに
注目したい“いぶし銀”のブラジリアンMFエヴェルトン。浦和浮上のキーマンか?
【J1ベストイレブン】2ゴールを挙げた川崎の鉄壁CBを今節最高評価! 圧勝の浦和からは初選出の3名|23節
浦和L、なでしこリーグ首位独走の秘訣は? 指揮官が植え付けた「考える習慣」が生み出した力

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ