• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1ベストイレブン】2ゴールを挙げた川崎の鉄壁CBを今節最高評価! 圧勝の浦和からは初選出の3名|23節

【J1ベストイレブン】2ゴールを挙げた川崎の鉄壁CBを今節最高評価! 圧勝の浦和からは初選出の3名|23節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月20日

大型ルーキー三笘が最多7回目の選出!

【23節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは、10月17・18日に各地で、第23節の9試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 川崎のブラジル人CBが攻守にわたって圧倒的な存在感を示した。

 J1新記録11連勝が懸かった名古屋戦で、攻守両面で眩い輝きを放ったのがジェジエウだ。57分、65分とセットプレーから今季初得点を含む2ゴール。さらに、守備でも相手のキーマンに自由を与えず、抜群の統率力を誇示して完封勝利の立役者となった。まさに八面六臂の活躍を見せたジェジエウをトップ評価の「7.5」で今節のMVPとした。

 また川崎からは、上位決戦の均衡を破る先制点を挙げ、左サイドでの“魅せるプレー”で名古屋の脅威となっていた三笘薫を、全選手中最多となる7回目のベストイレブンに選出した。
 
 大量6得点で仙台に力の差を見せつけた浦和からは3選手を、いずれも今季初選出。長澤和輝は90分間衰えない運動量と強度を見せ、汰木康也はピンポイントクロスで2アシストをマーク。興梠慎三は2得点を決め、エースの仕事を全うした。

 4発快勝で2連勝を飾ったC大阪からは、坂元達裕と奥埜博亮をセレクト。前者は果敢な仕掛けを披露するなど右サイドで抜群の存在感を発揮。後者は2ゴール・1アシストと目に見える結果を残した。

 そのほか広島からは、今季初ゴールはもちろん守備でも奮闘した佐々木翔。湘南からは、1ゴール・1アシストでチームの7試合ぶりの勝利に貢献した岡本拓也。札幌からは、見事なポジショニングで攻守に躍動し、決勝ゴールも決めた駒井善成をチョイスした。

 そしてGKには、何度か訪れたピンチを好セーブで凌ぎきり、無失点に抑えたG大阪の東口順昭を選出している。
 
【関連記事】
【J1ベストイレブン】堅守と決勝弾で勝利をもたらしたC大阪のディフェンスリーダーがMVPに!|22節
【日本代表への推薦状】圧巻のドリブルと決定力でリーグ10点目。勢いが止まらない三笘薫こそ今、見たい
ボランチは川崎勢ら多士済々、選手層の薄い左SBに2人の左利き――注目すべき国内の「A代表予備軍」【守備編】
三笘、旗手、坂元…まだいる2列目の人材。最前線ではベテランが存在感—―注目すべき国内の「A代表予備軍」【攻撃編】
浦和レッズに舞い戻った元背番号10。「最高の熱量で接しています」と育成現場で奮闘中!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ