40年ぶりに補強ゼロのマドリー、ベイルとハメスを“タダ”で放出も1億ユーロを捻出!唯一の誤算は…【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

エル・パイス紙

2020年10月15日

最大の売却オペレーションはハキミ

余剰戦力だったベイル(左)とハメス(右)の放出にも成功した。(C) Getty Images

画像を見る

 今月5日にクローズした移籍マーケットで、レアル・マドリーは実に40年ぶりに補強ゼロに終わった。言うまでもなくパンデミックによる財政難を乗り切るための施策の一環であるが、加えて既存選手の放出でおよそ1億ユーロ(約125億円)を捻出。特筆すべきはその大半の財源となっているのが、カンテラ出身の選手である点だ。

 事実、ハメス・ロドリゲスやガレス・ベイルというネームバリューのある2人の余剰戦力の整理にも成功したが、それぞれ無償でエバートンとトッテナムに移籍し、儲けは給与の削減分だけである。

 全体的に見れば、マドリーはほぼ当初思い描いていたシナリオ通りに今回の移籍マーケットを乗り切ったと言える。若手選手を高値で売りさばき、マルティン・ウーデゴー、アンドリー・ルニン、アルバロ・オドリオソラの3人がレンタルバック。さらに前述したようにジネディーヌ・ジダン監督がリクエストしていたハメス・ロドリゲスとベイルの放出に成功した。大きな誤算と言えるのは、構想外を宣告されながら、昨夏に続いて退団を受け入れなかったマリアーノ・ディアスくらいだ。
 
 マドリーが巧みなのは、そうやって若手を放出しながらも、それぞれの契約に将来的に呼び戻すことができるオプションを盛り込んでいる点だ。トッテナムに3000万ユーロ(約37億円5000万円)で売却したセルヒオ・レギロンには4000万ユーロ(約50億円)の買い戻しオプションを保持。ダニエル・セバジョスはレンタル移籍で、受け入れ先のアーセナル側に買い取りオプションは付帯していない。

 マドリーにとって今回の移籍マーケットで、最大の売却オペレーションはアシュラフ・ハキミだ。2年間、レンタル修行に出していたボルシア・ドルトムントで急成長を遂げ復帰も取り沙汰されていたが、本人はジダン監督の信頼厚いダニエル・カルバハルが不動のレギュラーとして立ちはだかるマドリーでは出場機会が限定されると判断し移籍を希望。移籍金4000万+インセンティブ500万ユーロ(約6億2500万円)でインテルに売却された。

 加えて1350万ユーロ(約16億9000万円)でオスカル・ロドリゲスのパスの75%をセビージャに譲渡。さらには2017年夏にレアル・ソシエダに売却した際に、将来再び環境を変える際に移籍金の30%を受け取るという条項が盛り込まれていたディエゴ・ジョレンテがリーズ・ユナイテッドに移籍したことにより、約400万ユーロ(約50億円)の収益を手にした。

【PHOTO】ビッグディールが続々成立!2020年夏に新天地を求めた名手たちを一挙紹介
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ