「ただのベイルじゃないかと…」ウェールズの至宝を見くびった元イングランド代表DFの末路とは?「僕は壊された」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月27日

「全てが半端じゃなかった…」

ベイル(右)と激しいマッチアップを繰り広げてきたリチャーズ(左)がその対戦を振り返った。 (C) Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響で各クラブがダメージを受け、当初はビッグディールが少ないと見られていた今夏の移籍市場は、蓋を開けてみれば、注目銘柄の移籍が相次いでいる。

 なかでも、小さくない話題を振りまいたのが、ウェールズ代表FWガレス・ベイルのトッテナム復帰だ。2013年9月に当時の史上最高額となる8500万ポンド(約120億円)でマドリーに移籍して以来、約7年ぶりにノースロンドンへ舞い戻ったのである。

 不安要素がないわけではない。現在31歳のベイルは、ここ数年は相次ぐ怪我でパフォーマンスが低下している。

 しかし、そんなウェールズの至宝とかつて対戦した選手からすれば、そのパフォーマンスはやはり際立っていたようだ。マンチェスター・シティやアストン・ビラで活躍した元イングランド代表DFのマイカー・リチャーズは、自身が出演した英公共放送『BBC』のラジオ番組『Monday Night Club』の中で、次のように語っている。

「随分と前のことだけど、僕はサウサンプトンにいた時のベイルと対戦したことがある。彼がまだ左サイドバックで、僕は右サイドバックだった。メディアに『リチャーズvsベイル』なんて大きく取り上げられたことを覚えている。でも、その時は僕が彼をやっつけたんだ。簡単にね。

 だから、数シーズン後に彼がスパーズへ移籍した時も、周囲の反応とは違って、僕はこう思っていた。『なんだ。ただのガレス・ベイルじゃないか。僕なら簡単に対応できる』ってね。でもそれはとんでもない間違いだった。僕は彼に壊されたんだ」
 
「スピード、パワー、フィットネス、全てが半端じゃなった」と続けたリチャーズは、不安視される今のベイルについても「問題ない」とキッパリと言い放った。

「ディフェンダーとしては、最初に対戦した時にガツンとやれば、相手はやり返せないとずっと思うものなんだ。実際、そういう選手も少なくなかったからね。でも、彼はカムバックし続けた。だから、たとえ今のベイルが70パーセントだとしても、スパーズはすごいチームになるはずさ」

 かつてのライバルから太鼓判を押されたベイルは、はたして、モウリーニョのトッテナムで“復活”を遂げられるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ