【J1採点&寸評】横浜2-3神戸|異次元のボールタッチ! 2ゴールに絡んだ“魔術師”をMOMに!

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2020年10月05日

横浜――決定力の差が勝敗を分ける

【警告】横浜=畠中(39分)、M・ジュニオール(63分)、ティーラトン(90+6分) 神戸=なし
【退場】横浜=なし 神戸=なし
【MAN OF THE MATCH】アンドレス・イニエスタ(神戸)

画像を見る

[J1リーグ20節]横浜2-3神戸/10月4日(日)/ニッパツ三ツ沢球技場

【チーム採点・寸評】
横浜 5.5
26本ものシュートを放ちながら、ネットを揺らしたのは立ち上がりと、最終盤の2点。圧倒的に押し込む展開となったが、最終的に決定力の差が勝敗を分けた。6試合ぶりの黒星で2試合勝利なしに。

【横浜|採点・寸評】 
GK
21 梶川裕嗣 5.5
タイミングの良い飛び出しを見せていた。相手の反撃の口火を切ったドウグラスの同点ゴールはなんとか止めたかった。

DF
25 小池龍太 6.5
再三に渡り、右サイドから良質なクロスを供給。試合終了間際には、こぼれ球を拾って豪快にネットを揺らした。

13 チアゴ・マルチンス 5
前半は古橋に対し、マンマークでしっかりと対応。しかし、相手の3点目の場面では、同選手をフリーにしてしまった。

44 畠中槙之輔 5
24節・清水戦での負傷から5試合ぶりの復帰。38分には、古橋のスピードに乗った突破についていけず、カード覚悟で止めるしかなかった。

5 ティーラトン 5.5
68分にはカウンターから、左足で強烈なシュートを放つなど、積極的に攻撃参加。しかし、パスミスでせっかくの好機を潰してしまう場面も。
 
MF
6 扇原貴宏 6
3バックの中央でプレー。攻撃時には至る所に顔を出し、攻撃のアクセントとなっていた。58分の強烈なダイレクトボレーが決まっていれば…。

26 渡辺皓太 5.5(85分OUT)
右サイドの小池とのワンツーなど、周囲との連係で潤滑油的役割を果たしていた。ただ、バイタルエリアでの工夫がもう少し欲しかった。

33 和田拓也 5(85分OUT)
ボールをうまく散らして、無難にタスクをこなしていた。しかし、相手の決勝点につながるボールロストはいただけない。
 
【関連記事】
【神戸】新体制で3連勝、勝利の鍵は後半のシステム変更! 新指揮官が取り組む守備の改善「僕はしつこい性格…」
「親しい関係じゃなかった」元神戸の助っ人FWが語るイニエスタらスター軍団の実情「ポドルスキが中心にいたけど…」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
戦術が“オタク化”する日本。元神戸監督リージョは「トランジション」すら好まなかった【小宮良之の日本サッカー兵法書】
あのブラジル人J戦士はいま【第7回】マルキーニョス――“外国人最多得点男”が牛3000頭を飼育する牧場経営者に転身「日本のおかげで…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ