あのブラジル人J戦士はいま【第7回】マルキーニョス――“外国人最多得点男”が牛3000頭を飼育する牧場経営者に転身「日本のおかげで…」

カテゴリ:Jリーグ

沢田啓明

2020年09月30日

こんな外国人選手は、今後もなかなか出てこないかもしれない

Jリーグの7クラブでプレーしたマルキーニョス。通算152ゴールは外国人選手として歴代最多だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグで外国人として最も長くプレーした(途中も含めて15シーズン)マルキーニョは、最も多くの試合に出場し(333試合)、最も多くの得点(152点=9月30日時点で、日本人を含めても歴代5位)を記録した。

 決して大柄ではないが、屈強で、技術レベルが高く、スペースへ走り込むのが巧み。右利きだが、左足でも決められ、空中戦にも強いオールラウンドタイプのストライカーだった。

 得点パターンが多彩で、オーバーヘッドやボレーで華麗に決めるかと思えば、ゴール前で強引に身体を捻じ込んでの泥臭い得点も多かった。

 その一方で、エゴイストではなかった。チームメイトへのアシストも多く、前線での献身的な守備でも貢献した。

 常に勝利を目指してひたむきにプレーしたから、日本で所属した7クラブのどこでもチームメイトから信頼され、サポーターからも愛された。

 こんな外国人選手は、今後もなかなか出てこないかもしれない。
 
 ブラジル南西部マトグロッソドスル州の小都市の出身。子供の頃からボールを蹴るのが大好きで、12歳で地元のクラブに入り、18歳でパラナ州の小クラブへ。22歳のときかつて三浦知良(現・横浜FC)もプレーしたコリチーバへ移籍し、レギュラーとして活躍した。2001年7月、25歳のときに東京ヴェルディからオファーを受けて「ほとんど何も知識がなかった」(本人)日本へ渡り、貴重なゴールをあげて1部残留に貢献した。

 2003年に横浜F・マリノスへ移り、Jリーグ優勝に貢献。2004年はジェフユナイテッド市原で絶好調だったが、9月末に左アキレス腱を断裂して手術。2005年から清水エスパルスで再びゴールを量産した後、2007年から鹿島アントラーズでプレーした。

 鹿島では、在籍4シーズンの間、常にチーム内得点王で、Jリーグ3連覇に大きく貢献した。とりわけ、2008年は21得点をあげてリーグ得点王に輝き、MVPにも選ばれた。

 2011年にベガルタ仙台へ移ったが、東日本大震災に見舞われて大きなショックを受け、4月に退団。母国へ戻り、短期間、アトレチコ・ミネイロでプレーした。

 しかし2012年に日本へ戻り、横浜マリノスで2シーズン、ヴィッセル神戸でも2シーズン在籍して活躍した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ