手塚集斗(サッカーダイジェストWeb) 新着記事

【J1採点&寸評】横浜2-3神戸|異次元のボールタッチ! 2ゴールに絡んだ“魔術師”をMOMに!

[J1リーグ20節]横浜2-3神戸/10月4日(日)/ニッパツ三ツ沢球技場【チーム採点・寸評】横浜 5.526本ものシュートを放ちながら、ネットを揺らしたのは立ち上がりと、最終盤の2点。圧倒的に... 続きを読む

【神戸】新体制で3連勝、勝利の鍵は後半のシステム変更! 新指揮官が取り組む守備の改善「僕はしつこい性格…」

[J1リーグ20節]横浜2-3神戸/10月4日(日)/ニッパツ三ツ沢球技場 押し込まれる展開のなか、少ないチャンスをモノにした神戸が敵地で逃げ切り勝利を収め、4連勝を飾った。 試合は開始わずか3... 続きを読む

【FC東京】期待のルーキー・安部柊斗が2得点で猛アピール! “夢の舞台”東京五輪に向けた覚悟「チャンスはある」

[ルヴァン杯・準々決勝] FC東京3-0名古屋/9月2日/味の素スタジアム「得点が欲しかったので、素直に嬉しい」 そう喜びを露わにしたのは、2ゴールを挙げ、チームを4年ぶりのルヴァンカップベスト4... 続きを読む

【ルヴァン杯 採点&寸評】FC東京3-0名古屋|MOMは2発の大卒ルーキー! ドリブル突破で観客を沸かせた助っ人も高評価

[ルヴァン杯・準々決勝] FC東京3-0名古屋/9月2日/味の素スタジアム 【チーム採点・寸評】FC東京 7前半からボールを保持し、主導権を握った。引いて守る相手に対し、決め手を欠く展開が続いたが、... 続きを読む

【FC東京】「春のキャンプから取り組んできた…」指揮官が明かした共通理解の浸透。2ゴールの大卒ルーキーも高評価

[ルヴァン杯・準々決勝] FC東京3-0名古屋/9月2日/味の素スタジアム  立ち上がりからボールを保持し、果敢に相手ゴールに迫ったFC東京だったが、リーグ最少失点を誇る名古屋守備陣の堅守を崩しきれ... 続きを読む

【広島】再開初戦で記念すべきJ1初ゴール! 日本代表戦士の弟・浅野雄也はチームの重要なピースとなりえるか

[J1リーグ2節]神戸0-3広島/7月4日(土)/ノエビアスタジアム神戸 日本代表FW浅野拓磨の弟・雄也がJ1出場2試合目で記念すべき初得点を挙げた。 浅野は、開始20分にMF柏好文が負傷したこ... 続きを読む

【広島】神戸相手に3発快勝も指揮官は厳しい表情。ポゼッションでの劣勢に課題「少し持たれすぎた…」

[J1・2節]神戸0-3広島/7月4日/ノエビアスタジアム神戸 再開初戦で神戸のホームに乗り込んだ広島は、相手のポゼッションサッカーに苦しんだものの、チャンスを逃さず得点を重ねて、結果的に3-0... 続きを読む

「求めていたスタートではなかった」神戸主将イニエスタ、再開初戦で存在感も…敗戦の弁で明かした実情

[J1リーグ2節]神戸0-3広島/7月4日/ノエビアスタジアム神戸  神戸はチームが志向するポゼッションサッカーで、終始多くの時間ボールを握り、広島を苦しめていたかのように見えた。しかし結果には結... 続きを読む

広島がL・ペレイラの2ゴールなど3発快勝で好発進! 神戸はポゼッションで相手を上回るも…

 7月4日、約4か月の中断期間を経てついにJ1リーグが再開した。各地で第2節の9試合が開催され、ノエビアスタジアム神戸では中断前の試合で好調さを見せていた2チームが激突。ゼロックス杯で今季初タイ... 続きを読む

「18歳の身体じゃなかった…」川崎のレジェンド・伊藤宏樹氏の選ぶ“衝撃を受けた選手トップ3”【日本人編・外国籍編】

「サッカーダイジェストWeb」は、過去の名勝負を放送する「DAZN」の「Re-Live」で、川崎フロンターレの飛躍のシーズンとなった2006年の最終節・セレッソ大阪戦の解説を務めた伊藤宏樹氏にイ... 続きを読む

「そんなことやってるから勝てないんだ、と言われて…」伊藤宏樹氏が語る“サッカーとファンサービスの両方で魅せる”川崎のいま

 現在「DAZN」では、新型コロナウイルスの影響で試合を見られないファン・サポーターに向け、過去の名勝負を放送する「Re-Live」が配信中だ。「サッカーダイジェストWeb」では2006年の最終... 続きを読む

「キレイに言うなら憲剛のおかげ」“ミスターフロンターレ”伊藤宏樹氏が振り返る飛躍の2006年シーズン

 過去の名勝負を放送する「DAZN」の「Re-Live」。川崎フロンターレがJ1昇格2年目にして2位となった2006年の最終節、セレッソ大阪戦の解説を務めたのが、この試合で先発フル出場を果たした... 続きを読む

磐田FW小川航基が背負うエースナンバー『9』の重み。「人生が変わる大会」東京五輪、メダル獲得への課題は?

 今シーズン、ジュビロ磐田で新たに背番号9を託され、ストライカーとしての活躍が期待されるのが小川航基だ。水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、ひと回り逞しくなって復帰した22歳は、チームをJ... 続きを読む

「今できること…」磐田FW小川航基が『#つなぐ』プロジェクトに込める思い。インターハイ中止の高校生へもエール

 スペイン・サラゴサでプレーする香川真司やデポルティボの柴崎岳、バドミントンの桃田賢斗らが在籍するマネジメント事務所『株式会社UDN SPORTS』が、所属アスリート75名が参加する「#つなぐ」プ... 続きを読む

「変化をもたらせなかった…」ゼロックス杯で先発を飾った新加入FWオナイウ阿道が反省の弁

[ゼロックス杯]横浜3-3(2PK3)神戸/2月8日(土)/埼玉スタジアム2002 大分からチャンピオンチームに加わったFWオナイウ阿道が、今シーズンの公式戦初戦となる、天皇杯覇者・神戸との「F... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ