手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部) 新着記事

【バイタルエリアの仕事人】vol.20 千葉和彦|新潟はプロにしてもらったチーム。サポーターにはJ1で戦っている姿を見せて恩返ししたい

 攻守の重要局面となる「バイタルエリア」で輝く選手たちのサッカー観に迫る連載インタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第20回は、昨シーズン、10年ぶりにアルビレックス新潟に復帰したDF千... 続きを読む

【バイタルエリアの仕事人】vol.20 千葉和彦|大事なのはいかに味方に“時間とスペース”を提供するか。オランダでの経験が活きている

 攻守の重要局面となる「バイタルエリア」で輝く選手たちのサッカー観に迫る連載インタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第20回は、アルビレックス新潟のDF千葉和彦だ。 2005年の夏に新潟... 続きを読む

「本当に誇りに思います」FC東京指揮官が称えた長友佑都の“アルベルサッカー”への適応。京都戦で攻守に躍動

[J1第30節]FC東京2-0京都/9月18日/国立競技場  4月29日のJ1第10節・G大阪戦(2-0)に続いて、シーズン2度目となる国立競技場開催でのホームゲーム。FC東京は28分にレアンドロ... 続きを読む

「社会にとっても非常に良いこと」J1史上初の女性レフェリー山下良美主審へFC東京&京都の両監督が賛辞。長友は「試合が荒れなかった」と感謝

[J1第30節]FC東京2-0京都/9月18日/国立競技場 国立競技場で行なわれたFC東京対京都で、女性審判員の山下良美氏が主審を務めた。J1リーグの主審を女性が担当するのは史上初だ。 試合は2... 続きを読む

イニエスタはなぜ日本でブランドを立ち上げたのか。世界展開も視野に、オリジナルスパイクは「どういう選手が履いてくれるのか…」

 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタは9月8日、自身のフットボールブランド『Capitten(キャピテン)』の立ち上げを発表。国立競技場でイニエスタ新ブランド発表... 続きを読む

流通経済大に4発快勝! 中野伸哉がU-19日本代表の完成度に自信「良いチームが出来上がってきている」

 U-19日本代表は9月7日、国内合宿の最終日に流通経済大とのトレーニングマッチ(45分×2本)を実施した。 1本目は山崎太新(筑波大)と坂本一彩(G大阪)が得点し2-1、2本目は永... 続きを読む

永⾧&北野が1G1Aと躍動! U-19日本代表対流通経済大のトレーニングマッチの結果は?

 U-20アジアカップ・ウズベキスタン予選に臨むU-19日本代表は9月7日、国内合宿の最終日で流通経済大とのトレーニングマッチ(45分×2本)を実施した。 1本目のシステムは4-4-... 続きを読む

U-19日本代表を“世界一”に導けるか。山根陸がU-20アジア杯予選に自信「常に成長を求めてやるだけ」

「試合を重ねるごとにまだまだな部分が明確になってきた。もっとやらなきゃ、というのが大きいです」 プロ1年目の今季、ここまでJ1で11試合に出場。それでも、横浜F・マリノスに所属するU-19日本代... 続きを読む

U-20W杯アジア1次予選に挑むU-19日本代表。北野颯太は中3時代の経験を糧に活躍を期す「いつも通り戦っていきたい」

 U-19日本代表は9月4日、ラオスで行なわれるU-20アジアカップ・ウズベキスタン2023予選に向けた国内合宿の初日を迎えた。 練習はストレッチに始まり、パス回し、ミニゲームといった比較的軽め... 続きを読む

総体ベストイレブン! 前橋育英から劇的決勝弾の高足善ら最多4人! ロングスローの名手や初の全国で4発のアタッカーも

 徳島県で開催された夏のインターハイは、決勝で帝京(東京)を1-0で下した前橋育英(群馬)の2009年大会以来、13年ぶり2度目となる優勝で幕を閉じた。 ここでは、高校生の真夏の檜舞台において、... 続きを読む

【総体】あと一歩で優勝を逃した帝京の“10番”伊藤聡太。父が明かす母親の厚いサポート「お母さんたちのプレッシャーは大変でしたよ」

[インターハイ決勝]帝京0-1前橋育英/7月30日(土)/鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム 全国の大舞台で戦う高校生たちの背景には、保護者の厚いサポートがある。 徳島インターハイ... 続きを読む

【総体】「すごく頼りになる」決勝の好セーブ連発に主将も称賛! 前橋育英の2年生GKがチームメイトから信頼を得るワケ

[インターハイ決勝]帝京0-1前橋育英/7月30日(土)/鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム 前橋育英(群馬)の2年生GKが圧巻のファインセーブ連発でチームに栄冠をもたらした。 前... 続きを読む

コロナ禍の徳島県で開催中のインターハイ。試合会場責任者に訊いた感染者を出さないための努力と苦労

 7月24日に開幕した四国インターハイ(全国高校総体)のサッカー競技は徳島県で行なわれ、大会5日目を終えた。30日には決勝戦が行なわれ、帝京(東京)と前橋育英(群馬)が日本一の座を懸けて火花を散... 続きを読む

【総体】13年ぶり決勝進出の前橋育英。止めてないのに…PK戦後チームメイトがGK大澤脩人を祝福したワケ「控えだけどずっと努力をし続けていた」

[インターハイ準決勝]前橋育英0(4PK3)0米子北/7月29日(金)/徳島市球技場第1競技場  前橋育英(群馬)が2009年大会以来、13年ぶりの決勝進出を決めた。  米子北(鳥取)との準決勝は、... 続きを読む

【総体】準々決勝敗退もデュエルで存在感! 矢板中央“中体連の星”田邉海斗を指揮官も激賞「彼の存在はでかい」

[インターハイ準々決勝]前橋育英2-1矢板中央/7月28日(木)/鳴門・大塚スポーツパーク球技場「彼のデュエルは高校サッカー界でも強いんじゃないかな」 キャプテンが見せた好パフォーマンスに指揮官... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ