戦術が“オタク化”する日本。元神戸監督リージョは「トランジション」すら好まなかった【小宮良之の日本サッカー兵法書】

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2020年10月04日

「テクニックのある選手」という表現にも頭を傾げる

戦術家と知られるリージョ。現在はマンチェスター・Cのコーチとしペップを支えている。(C) Getty Images

画像を見る

 昨シーズンはヴィッセル神戸で監督を務め、現在はマンチェスター・シティでジョゼップ・グアルディオラの右腕としてコーチをしているファン・マヌエル・リージョと、筆者は何度かサッカー論を語り合ったことがある。神戸のタワーマンションに招かれ、気になっている選手のビデオを大画面テレビモニターで見ながら、マテ茶を回し飲んで、3時間があっという間に過ぎた。

 リージョは世界的に戦術家として知られる。グアルディオラに師匠として心酔されていることは有名な話だし、その理論は世界でも並ぶものがないと言われる。言わば、戦術マスターだ。

 しかし一つ言えるのは、リージョのサッカーへの熱はすさまじいが、少しも難しい言葉を使わないという点である。

 日本では戦術がオタク化しつつある。難しい言葉を平気で使い、説明したような空気になる。用語を学ぶのは悪いことではないが、本質を理解しなければ、それは空っぽも同然の空論だ。

 リージョは、「テクニックのある選手」という表現にだけでも、頭を傾げながら、「もっと丁寧な説明が必要で、好きではない」と首を横に振った。テクニックがある、とは一体何なのか?それは便宜的で、抽象的な表現と言える。神戸の選手たちならわかるはずだが、彼が使った言葉は極めて哲学的だが、同時に平易だったはずだ。

 彼は戦術という仕組みそのものに没頭しない。仕組みを動かすというのが人間だと知っている。あくまで、人間対人間で心に響かないと戦術として役立たない。それには、どこにいたら優位になるのか、どうしたら優位になるのか、例えば攻撃しているときの守備を管理したポジション取りや、ボールを運ぶことで視界が変わる、という判断になるわけだが、彼はとことん現場主義だ。
 
 トレーニングで戦い方を刷り込ませ、プレーに変化を与えられるか――。それが彼の戦術の正体だろう。体験的で、机上の空論ではない。

「トランジション」

 例えば、その言葉も好んで用いなかった。それが物事をぼかす可能性があるからだろう。

 リージョのようにトップレベルの戦術家にとって、トランジションは嘘を含んでいる。サッカーにおいて、あるのは「攻める、守る」、その二点のみである。トランジションは、その中間点としての事象に過ぎない。その時の切り替え、という反応では戦術的には遅すぎる。攻めながら守るポジションを取り、守りながら攻める、という「連続性」にこそ、戦術の本質はあるのだ。

 戦術――。

 その意味は、局地的な戦いを有利に動かすための仕組みを指している。それをわかりにくい単語にせず、複雑化もせず、丹念に取り組むこと。それこそ、戦術に囚われない術なのだろう。

文●小宮良之

【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月には『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たした。
【関連記事】
ドイツとはまるで違う日本人選手の“スペイン挑戦”。「なぜ言葉がわからない人間にパスを出す必要がある」【小宮良之の日本サッカー兵法書】
なぜ久保建英に出番を与えないのか? 批判を浴びるエメリ監督が明かした理由「昨季は良いシーズンを送ったが…」
「日本人への扱いが理解不能!」香川真司と契約解除のサラゴサをスペイン紙が批判「クラブ価値の喪失を露呈した」
「1人でも、2人でも、3人でもない!」イニエスタの驚愕“9人抜きゴラッソ”に母国メディアも脱帽!「たやすくGKを打ち負かした」
「タケ!」スタジアムに響いた久保建英への“叱責”…らしくない5分で2度のボールロストに、エースも注文

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ