なぜメッシはバルサ退団を決断したのか?番記者が明かす舞台裏「不満の根底にあるのは…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

エル・パイス紙

2020年08月26日

冷淡なやり方で退団を告げる

バルサと袂を分かつ決断をしたメッシ。どこへ向かうのか。 (C)Getty Images

画像を見る

 リオネル・メッシがバルセロナに対し退団の希望を伝えた。しかもブロファックス(スペインで書類を発送するために使用されるファックスサービス。文書や通知を証明する際に有効なツール)を送るという冷淡なやり方でだ。

 メッシの契約に毎シーズン終了後に一方的に契約を解除できる条項が盛り込まれているのは既報のとおり。ただその期限である6月10日が過ぎたため、自動的にもう1年延長していると考えられた。しかしメッシ側は新型コロナウイルの影響で日程が変則的になりシーズンの閉幕が遅れたため、その期限も引き延ばすべきだと主張しているのだ。

 メッシは先週、ロナルド・クーマンと個人面談を行った。新指揮官は去就で揺れるエースに対し説得を試みたが、しかしエースが感じ取ったのは、新たな体制の発足に伴う自らを取り巻く環境の変化だった。さらにルイス・スアレスへの構想外通告も後日明らかになり、不信感は増していった。
 
 もっともこれはきっかけに過ぎず、メッシの不満の根底は、口だけで行動が伴わないジョゼップ・マリア・バルトメウ率いるフロントにある。極度の負けず嫌いの彼はチームがチャンピオンズ・リーグでバイエルン・ミュンヘン相手に屈辱的な大敗を喫した後、沈黙を守り続けている。これは今回の退団通告へのポーズだったと言える。

 バルトメウ政権は今シーズンいっぱいで任期を終える。窮地に陥った際に彼らは、メッシを盾に批判の矛先をかわす算段だったが、その実、やろうとしていたことはクーマンという新たな弾丸を味方にして主役の座を選手たちから取り戻し、チームマネジメントの主導権を握ることだった。

 バルサでは過去にも自分たちの立場をわきまえず、選手を差し置いて主役を張ろうとする幹部はいたが、その多くはいい結果を生まなかった。歴史は繰り返されている。

 ただその一方で、現政権の不安定さがロッカールームの増長を招いたのも事実だ。メッシをはじめとしたベテラン勢は影響力を行使し、それが原因で近年、新戦力は軒並み適応に苦戦し、新監督はマネジメントに苦労した。

 メッシもメッシでチームが弱体化する中で様々な役割をこなすことを余儀なくされ、心身ともにすり減らしていった。そしてそれが限界に達したのがバイエルン戦での敗戦だった。

【動画】退団の要因に…大敗したバイエルン戦のハーフタイムにメッシが茫然自失とする衝撃シーンはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ