「ヴィッセル神戸のようなクラブで…」退団表明のメッシがJリーグ入りも? 名物スペイン人ジャーナリストが可能性を示唆

カテゴリ:移籍情報

メガクラブ

2020年08月26日

「オプションは2つある」

ついにメッシがバルサを離れるのか。世界中がその動向に注視している。 (C)Getty Images

画像を見る

 スペイン中がこの話題で持ち切りだ。

 現地時間8月25日、バルセロナのリオネル・メッシがFAXでクラブに退団の意思を伝えたという。母国アルゼンチンのメディア『Tyc sports』が一報を伝え、スペイン紙『MARCA』などが一斉に続いた。

 記事によれば、バルサと2021年6月までの契約を結んでいるメッシだが、今年の6月10日までなら自由に契約を解除できる条項が付帯されており、コロナ禍によって異例のシーズンになったことを理由に、このオプションを認めるように主張しているという。

 もし、これが認められれば、契約解除金が7億ユーロ(約875億円)を支払うことなく、フリーでの移籍が可能となる。そうなれば、5000万ユーロ(約62億5000万円)とも言われている高額なサラリーの負担があっても、手を挙げるクラブは当然出てくるだろう。
 
 そんななか、現在は政治家に転身しているスペイン人の名物ジャーナリスト、ビセンテ・アスピタルテ氏が、自身のツイッターで次のような見解を示した。

「メッシには基本的に2つのオプションがある。パリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティのようなチームで勝つためのプロジェクトを続けるか。それとも、LAギャラクシー、ヴィッセル神戸、アル・サッド、そしてインテルなどの格下のチームで引退の準備を始めるかだ」

 もちろん、神戸の名前を出したのは、アンドレス・イニエスタの例があるからだろう。ただ、その前例があるだけに、Jリーグ入りもまったくない話ではないかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】退団の要因に…大敗したバイエルン戦のハーフタイムにメッシが茫然自失とする衝撃シーンはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ