「メッシの新天地は?」老舗ブックメーカーがオッズ発表! トップ3は噂通りで、ヴィッセル神戸は…

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年08月26日

バルサに退団の意向を伝える。

バルサに退団の意向を伝えたというメッシ。(C)Getty Images

画像を見る

 衝撃のニュースが世界を揺るがしている。現地時間8月25日、リオネル・メッシがバルセロナに退団の意向を伝えたというのだ。母国アルゼンチンのメディア『Tyc sports』が一報を出し、そのまま世界中のメディアが続報を出している。

 バルサと2021年6月までの契約を結んでいるメッシだが、今年6月10日までなら自由に契約を解除できる条項が付帯されており、コロナ禍によって異例のシーズンになったことを理由に、8月となった現在もこのオプションを認めるように主張しているという。

 もしこれが認められれば、他のクラブは契約解除金の7億ユーロ(約875億円)を払わずとも、移籍金ゼロでの獲得が可能となる。5000万ユーロ(約62億5000万円)とも言われているサッカー界最高の年俸を払ってでも、手を挙げるクラブはいくつか出てくるだろう。実際、すでに現地メディアでは複数の新天地候補が取沙汰されている。
 
 これを受けて老舗ブックメーカーの英『ウィリアム・ヒル』は、「メッシの新天地は?」というベットを開始。日本時間8月26日の13時時点では、以下のようなオッズになっている。

マンチェスター・C:1.67倍
インテル:5.00倍
パリSG:11.00倍
マンチェスター・U:15.00倍
チェルシー:15.00倍
ユベントス:17.00倍
ニューウェルス:21.00倍
MLSクラブ:23.00倍
アル・サッド:29.00倍
バイエルン:34.00倍
中国クラブ:34.00倍
ミラン:34.00倍
アーセナル:41.00倍
リーズ:51.00倍
トッテナム:51.00倍
レアル・マドリー:67.00倍

 以前から関心が噂されているマンチェスター・C、インテル、パリSGがトップ3。その他はビッグクラブ勢に加えてジュニア時代に所属した古巣のニューウェルス、盟友シャビが監督を務めるカタールのアル・サッドなどが入っており、さらにはバルサの宿敵レアル・マドリーにも67倍が付いている。一部で噂に挙がるヴィッセル神戸は、現時点でベットの対象外となっている。

 メッシが13歳から所属するバルサを離れるとなれば、世紀の移籍になることは間違いない。このオッズの変化を含めて、注目が集まる。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ