【J1採点&寸評】名古屋2-2G大阪|途中出場で劇的同点ゴールの救世主を最高評価! 名古屋攻撃陣は及第点に

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2020年07月09日

名古屋――前半の逆転劇は見事だったが…

【警告】名古屋=米本(3分)、稲垣(70分) G大阪=なし
【退場】名古屋=なし G大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】渡邉千真(G大阪)

画像を見る

[J1リーグ3節]名古屋2―2G大阪/7月8日/豊田ス
 
【チーム採点・寸評】
名古屋 5
先制を許すも逆転する力強さを見せ、後半も相手をほぼ完璧にコントロールしたはずだった。しかし予想していたパワープレーに屈し、後味の悪いドローにチームはややアンニュイな表情を浮かべた。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 5.5
今日は主だったセービングのシーンは少なかったが、相手のハイボールが増えた後半には空中戦で果敢に競り合いチームを鼓舞。2失点はノーチャンスで、ただただ失点の悔しさだけが残った。
 
DF
3 丸山祐市 5.5
守備だけではなく、無観客だからこそ改めてわかる豊富なコーチングでチームを牽引。それだけに最後の失点はもったいなく、コンディション面でもさらに粘り強さを出していきたいところ。
 
4 中谷進之介 5.5
冷静な判断力で若い成瀬を引き上げつつ、自らも身体を張った守備を見せた。持ち前のカバーリングに対するスプリント力も上がってきた印象なだけに、失点の場面が悔やまれる。
 
23 吉田 豊 5.5
右サイドに偏りがちな攻撃時には守備のバランスを取り、G大阪のロングボールには身体を投げ出すようにして果敢に競り合った。2失点ともに絡んだが、献身的な姿勢の副産物だ。
 
26 成瀬竣平 6(85分OUT)
この試合では思い切りの良いパスが目立った。得点機2つに絡む縁の下の力持ちぶりを発揮し、敵陣で味方を生かす効果的なダイレクトパスは、今後の新たな武器となる予感も。
 
MF
2 米本拓司 6
稲垣とのコンビで中盤を大きくカバーする守備網を形成。攻守のつなぎにも積極的で、サイドを中心に走り回り攻撃の枚数増に貢献した。
 
10  ガブリエル・シャビエル 6 (69分OUT)
好きだと語るトップ下起用に応え、一時は逆転となるゴールを決める。序盤はリズムが出なかったが、動き出しとサイドに流れてのボールキープを起点にゲームメイカーとしての魅力を存分に発揮した。
 
15 稲垣 祥 6
G大阪の激しいボールアプローチにも負けず、時にマーカーを引きずりながらボールを敵陣へと持ち込んだ。1点目の場面では相手のクリアにギリギリ足を伸ばし、マテウスの決定機を粘り強く演出。

【J1第3節PHOTO】名古屋2-2G大阪|名古屋がATに悔しい失点。試合終了目前で勝利を逃す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ