遠藤保仁に訊いた。プロデビュー前夜、“18歳のヤット”にいま声を掛けるとしたら?

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年07月08日

「これ以上はないやろうって試合を最初に経験できた」

22年間で積み上げた「632試合」。遠藤の華麗なるキャリアにまたひとつ新たな勲章が加わった。写真:田中研治

画像を見る

 前人未到の大記録達成にも、本人は淡々としたものだった。

 先週土曜日の大阪ダービーで、ガンバ大阪のMF遠藤保仁はJ1通算632試合出場を達成。ついに楢崎正剛氏と並んでいた最多出場の新記録を更新し、またひとつ華々しいキャリアに勲章を加えた。

 一方でリモートマッチ(無観客試合)のためキックオフ前のお祝いセレモニーはなく、試合後にサポーターの大声援を受けるわけでもなし。ゲームも宿敵に1-2で敗れ去った。遠藤は「いつも通り、いい試合をしたいと思ってピッチに立ちました。(チームメイトの)みんながTシャツを着てくれてたのは嬉しかったですけどね」と感謝を口にしている。

 本誌「サッカーダイジェスト」では、偉業達成前の遠藤にインタビュー取材を試み、さまざまな角度から鉄人の哲学に切り込んだ。そのなかで、「632試合」のスタート地点についても振り返ってもらっている。鹿児島実業高校から横浜フリューゲルスに入団し、すぐさま開幕スタメンに抜擢されたあの伝説のデビュー戦だ。

 時は1998年3月21日、場所は横浜国際総合競技場(日産スタジアム)、相手は横浜マリノス。4年後に日韓共催ワールドカップ決勝が行われる最新鋭スタジアムのこけら落としで、超満員の観衆で膨れ上がった横浜ダービー。出来すぎと言っていいほどの舞台が、プロデビュー戦となったのだ。

「個人としては最高のスタートを切れた。パフォーマンスはさておき、フリューゲルスも相手のマリノスのメンバーも最高やったよね。シーズンの開幕戦が新横(横浜国際総合競技場)のこけら落としで満員。しかも横浜ダービー。これ以上の経験はないやろうって試合を最初に経験できた。余裕じゃないけど、その後の気持ちの楽さってのはあったと思う。それは、確実にあったよね」

 
 まったく緊張はしなかったという。抜擢登用も想定内だったようだ。

「監督(カルロス・レシャック)がああいう人だったんで、日本人の監督ならあそこまで若手を抜擢しなかったかもしれない。プレシーズンでスペインに遠征して、ある程度やれるかなって手応えが自分のなかにはあった。監督がイメージするスタイルにも合うなって。開幕戦の1週間くらい前から『もしかしたら出れるんちゃう?』と感じてたから、心の準備はできていたかもしれない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ