最後のトヨタカップ、歩けなかったポルト司令塔にMVPを獲らせた日本人の‟神の手”【名勝負の後日談】

カテゴリ:連載・コラム

加部 究

2020年06月14日

短期連載コラム『名勝負の後日談』vol.11 04年トヨタカップ・ポルトvsオンセ・カルダス|ふたりの選手の治療を求められる

最後のトヨタカップでMVPを獲得したマニシェ。来日時は歩くこともままならなかったという。写真:滝川敏之

画像を見る

 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文●加部 究/スポーツライター)

――◆――◆――

 2004年、欧州の頂点に上り詰めたFCポルトは、ジョゼ・モウリーニョの出世作だった。

 2002年にポルトの監督に就任したモウリーニョは、翌年に国内のリーグ、カップ、そしてUEFAカップと三冠を達成。さらに翌2004年にはチャンピオンズリーグ(CL)でも優勝を飾り、このビッグタイトルを置き土産にチェルシーへ向かった。また同時にCLでMVPを獲得したデコもバルセロナへ移籍し、この年のEURO(欧州選手権)で準優勝したポルトガル代表の中心メンバーだったリカルド・カルバーリョやパウロ・フェレイラもチームを離れていった。

 こうしてポルトは、体制を刷新してシーズンを迎えた。しかも2004年暮れ、欧州代表として最後のトヨタカップを戦うために来日したチームは、大きな問題を抱えていた。

★       ★

 都内で鍼灸整骨院を経営する久米信好(現東京有明医療大学准教授)が韓国の学会から帰国したのは、トヨタカップの3日前だった。数週間前に、FCポルトが日本のセラピストにメディカルサポートを依頼するかもしれないという話は耳にしていた。だが実際に久米が依頼の連絡を受けたのは韓国から戻った翌朝、つまり試合の前々日だった。

 少々面食らったが、それでも1日の診察を終えると練習が行われているグラウンドへ車を飛ばす。最初にチームドクターと顔を合わせると「問題なのは、このふたりだ」とベンチに視線を投げた。

「取り敢えず歩かせてみてくれ。歩き方を見れば、だいたい把握できるから」
「ダメだ。もう練習時間は終わっている」

 ふたりはバスへ向かうが、特にひとりは重症の様子でチームメイトの肩を借りてやっと歩を進めていた。

 練習を終えたチームはホテルへ移動し、同行した久米はトレーナーズルームへ案内された。ドクターが乾いた口調で告げる。
「ここで治療してみてくれ」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ