鄭大世が選ぶJ歴代最強チーム「中澤さんには、なにも通用しなくて、河合さんにも経験のない感覚で吹き飛ばされた」

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2020年06月03日

「人として尊敬できる選手が多かったのも1位に選んだ理由」

鄭大世が1位に選んだ「04年の横浜」の布陣。練習で対峙した中澤や河合に衝撃を受けたという。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 5月28日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代最強チーム」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“歴代で最強だと思うチームトップ3”を選んでもらっている。ここでは川崎でプロ入りし、ドイツや韓国でも活躍してきた鄭大世(清水)の“トップ3”を紹介しよう。

――◆――◆――

「鄭大世が選ぶ“最強チームトップ3”」
1位:2004年の横浜F・マリノス
2位:2009年の鹿島アントラーズ
3位:2008年の川崎フロンターレ
 
 大学生の時に練習参加させてもらった04年の横浜を1位にします。当時から僕はFWだったので攻撃陣に注目していて、アン・ジョンファン、久保(竜彦)さん、坂田(大輔)さんらの高いクオリティに衝撃を受けましたね。岡田監督の下、攻撃は自由で好き放題暴れ回っていた印象なので、とにかく見ていて楽しかった。

 守備も中澤(佑二)さん、松田(直樹)さん、河合(竜二)さんらがいて、すごく堅かったですよね。実際に練習で中澤さんと対峙した時、なにも通用しなくてかなりへこみました。河合さんにも軽く身体を当てられただけで、過去に経験したことのない感覚で吹き飛ばされて……。実際に練習参加したからこそチーム力の高さが分かりましたね。
 
 人として尊敬できる選手が多かったのも1位に選んだ理由で、例えば松田さんは、実績もない練習生の僕によく声を掛けてくれました。松田さんからしたら特に話すメリットはないけど、馴染ませようとしてくれたんだと思います。

 (田中)隼磨さんにはクロスからのシュート練習に付き合ってもらって、奥(大介)さんからは「サッカーノート書いてるんだ、偉いじゃん」と褒めてもらいました。まさに理想のチームです。
 
 2位は3連覇を果たした09年の鹿島。当時、僕は川崎でプレーしていて直接対決では1勝1分と負けなかったんですけど、気づいたら鹿島が優勝していて、改めて1シーズンでの勝負強さを感じましたね。
 
 その象徴は間違いなく小笠原(満男)さん。うっちー(内田篤人)も「小笠原満男なくして鹿島はない」と言っていますし、練習の強度が高いのは小笠原さんのマインドがクラブに伝わっているからでしょう。
 
【関連記事】
【J歴代最強チーム番付】ベスト3のうち1位と3位にランクインしたクラブは?
興梠慎三が選ぶJ歴代最強チーム「数字が強さを物語る。ミシャのサッカーがハマって負ける気がしなかった」
玉田圭司が選ぶJ歴代最強チーム「なによりメンバーが豪華。プロのトップレベルを痛感」
大久保嘉人が選ぶJ歴代最強チーム「得点王になれたのは川崎のおかげ。公園で遊んでいる感覚やった」
小野伸二は「日本の宝」で「最高傑作」。“J歴代ベスト11”で称賛の嵐! 中村俊輔も「シンジしかいない」と認める

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ