「名古屋での冒険はトレジャー」。今なお心に響くストイコビッチの名言(前編)

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2020年05月29日

「これも運命」

選手としても監督としても、とにかく絵になる男。ストイコビッチが発する言葉も実に美しく、ウィットに富んでいる。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 これまでインタビュー取材したなかで、特に記憶に残っているのがストイコビッチのそれ。2013年8月、当時名古屋グランパスの監督だったストイコビッチのウィットに富んだコメントに取材をしながら楽しませてもらったのを今でも強く覚えている(このシーズンを最後にストイコビッチは名古屋の監督を退任)。

 当時の記事を引っ張り出して改めて目を通してみると、所々に“ピクシー節”が散りばめられていることを再認識できた。今なお心に響くストイコビッチの名言──。名古屋のファン・サポーターにとって興味深い内容のインタビューではないだろうか。今回は前編をお届けする。

――――――――◆――――――――◆――――――――

──選手として約7年、監督として5年半も携わっている名古屋というクラブは、あなたの身体の一部になっていませんか?

「生活の一部になっているのは確かです。これも運命だったのでしょう。94年に来日した時には、こんなにも長くグランパスとともに歩むとは思いもしませんでした。ただ、年月が経った今はマイホームのように感じています。素晴らしい人々に囲まれながら、家族も楽しい時間を過ごせている。日本の文化に触れ、いろんな知識を得る機会に恵まれた。その機会こそまさにトレジャー(宝)であり、幸せを感じる部分でもあります。ですから、(08年に)監督として名古屋に戻ってきた時は私が愛する、そして愛してくれる人たちの両方に会えて深く感激しました。名古屋にいる限り、日本での冒険は続きます」

──トレジャーという表現がありましたが、ストイコビッチ監督を慕って名古屋に加入する選手も少なくないはずです。その意味で、あなたこそクラブの宝なのでは?

「そう言ってもらえるのは嬉しいですね。クラブとはずっと良いコンビネーション、満足できる関係にあります。94年に話を戻せば、来日当初はJリーグをどうサポートし、発展させるべきかを考えていました。かといって、できることは限られていましたけどね(苦笑)。だから私はサッカーの本当の素晴らしさを皆さんに知ってもらおうと、常に美しいプレーを心掛けました。使命感に燃えていたあの頃は楽しかったです。喜びに溢れていました」
 
──今のJリーグには、あなたのようなワールドクラスのエンターテイナーがハッキリ言っていません。

「簡単ではないでしょうね、そういう選手を引っ張ってくるのは。いわゆるビッグネームの眼は、ヨーロッパに向けられていますから。にわかには信じられない額の移籍金で動く選手もいますし、なかなかそういう状況下で真のエンターテイナーを呼ぶのは難しい。これはある意味、どうしようもない問題です」

──スター不足もあり停滞気味のJリーグですが、ここにきて「2ステージ制の復活」や「ポストシーズンの導入」が話題になっています。こうした改革案について、監督はどう考えていますか?

「立ち上げ当初もJリーグはいろんな試みをしていました。2ステージ制、チャンピオンシップ、それから延長Vゴール方式。どれもサッカーに興味を持ってもらうためのアイデアとして悪くありませんが、個人的には変える必要がないと思います。1ステージ制は至ってシンプルで、分かりやすいシステムですからね。Jリーグは組織的にまとまっていて、安定している。そこまでクラブ間の格差もない分、サポーターは拮抗した試合を楽しめているはずです」
 
【関連記事】
大久保嘉人が選ぶJ歴代最強チーム「得点王になれたのは川崎のおかげ。公園で遊んでいる感覚やった」
石川直宏が選ぶJ歴代ベスト11「中村俊さんに“見習え”と言われた名手は…」
華麗かつ天才的。誰がなんと言おうと歴代最高のJリーガーは…【SD編集長が選ぶJ歴代ベストイレブン】
【フットボール温故知新】第1回:ドラガン・ストイコビッチ
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ