石川直宏が選ぶJ歴代ベスト11「中村俊さんに“見習え”と言われた名手は…」

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2020年05月28日

超攻撃的なサッカーを展開したいという概念で選んだ11人

赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。石川が選んだのは「小さい頃からの憧れ」と語る三浦知良だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 同じような主旨の企画を何度かやったことがありますが、今回はあえて“身内”のFC東京勢を外しました。このチームならめちゃくちゃ楽しそう、自分が入ったらたくさんパスをもらえそう、そんなコンセプトで選んでみました。

 個人的に1トップ、2シャドーが好きなので、システムは4-3-2-1。超攻撃的に戦いたいです。となると、1トップはボールをしっかりと収めてくれて、さらに点も取れるワシントンがベスト。

 ワシントンはアバウトなボールでもピタッと止めて、そこからチャンスを演出してくれそうです。その巨体で何人かDFを引っ張ってくれるはずなので、空いたスペースに他の選手が走り込むイメージができます。

 シャドーはエメルソンとカズさん(三浦知良)を選びました。スピードに乗った時のエメルソンはファウルでしか止められない印象でした。2004年のリーグカップ決勝でも(FC東京は)さんざん苦しめられましたからね。スピードに乗せる前にどうにかするしかなかったし、本当に嫌な選手でした。

 カズさんはもう、憧れの存在。ボールを持ったらサイドを切り裂いてシザース、という感じです。今なお現役ですし、リスペクトの意味も込めてシャドーに入れました。
 
 中盤の3人は、いろんなパスを出せる。その分、前の選手は走らないといけないから大変でしょうけど(笑)。

 アンカーに福西(崇史)さんや中盤の一角に点の取れる(藤田)俊哉さんを置こうとも考えましたが、現役時代に一緒に代表などでプレーしてボールを受けやすかった俊さん(中村俊輔)、ヤットさん(遠藤保仁)、(中村)憲剛さんの3人に落ち着きました。超攻撃的に行きたいのでポジションを固定せず、流動的に動いてもらいたいです。その結果、どんなハーモニーを奏でるのか。想像するだけでワクワクします。

 守備は……、正直、(田中マルクス)闘莉王と(中澤)祐二さんに頑張ってもらいたいです。茂庭(照幸)も良いCBなのですが、僕が現役時代、圧倒的に抜きにくかったのがこのふたり。闘莉王は球際が強くて、祐二さんはシュートコースを切るのが抜群に上手い。たとえシュートまで持ち込めても、その後ろにはナラさん(楢崎正剛)がいる。

 この3人は互いに互いを知り尽くしているから、安定感は抜群ですよね。気付かないうちに罠に引っ掛かって、GKの止めやすいところにボールを蹴らされる。そういうディフェンスをされそうな気がします。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ