華麗かつ天才的。誰がなんと言おうと歴代最高のJリーガーは…【SD編集長が選ぶJ歴代ベストイレブン】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2020年04月27日

全盛期のカズは大空翼のように…

赤く囲っているレオナルドが「MY BEST PLAYER」。

画像を見る

 ブラジル代表の左SBとして異彩を放ったアメリカ・ワールドカップ(94年)で魅了され、鹿島の10番として大活躍したJリーグで完全に恋に落ちた。

 日本での活動期間は約3年と短いが、華麗かつ天才的だったレオナルドは誰がなんと言おうと歴代ナンバー1のJリーガーだ。95年の横浜F戦で決めた伝説の「リフティングゴール」がその証でもある。
 
 ただ、勝負強さでは全盛期のカズが上だろう。最高のタイミングでゴール前に顔を出し、エースの如く決め切る姿はまさにスーパースターだった。

 オフトジャパンで異次元の輝きを放っていた頃の彼を知らない世代には、声を大にして伝えたい。「当時のカズは大迫以上に半端なかった」、「大空翼(キャプテン翼の主人公)のようにドラマチックなゴールを何度も決めていたんだぞ!!」と。

 アメリカ・ワールドカップ・アジア1次予選、1993年4月8日のタイ戦でのゴール、福田が前線に送ったパスに素早く反応し、少し手前にバウンドしてきたボールとの距離を細かいステップで上手く調整してのボレーシュートは今見ても惚れ惚れする。

 そのカズと2トップを組ませたのがストイコビッチ。リフティングドリブル、革靴シュートなどの伝説を築き上げてきたアタッカーをベストイレブンに選ばないわけにはいかない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ