【安永聡太郎】クラシコ徹底解剖!マドリー勝利を呼び込んだ「53分54秒」の“変化”とクロースの“二つの動作”。バルサは「メッシ問題」を解決できず…

カテゴリ:連載・コラム

木之下潤

2020年03月04日

マドリーは“3回目”の守備陣形がハマった

卓越した技術と状況判断力で先制点をお膳立てしたクロース(左)。ビダル(右)がピッチに入れば……。(C)Getty Images

画像を見る

前半のマドリーの守備陣形。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 僕の目から3月2日のクラシコ「レアル・マドリー×バルセロナ」を戦術的視点で分析すると、「スペインの2強はもう欧州のトップではないな」という印象です。

 この試合で、あらためてマドリーは「守備のチームだな」と思いましたね。彼らは守備の仕方を前半、後半の立ち上がり、53分54秒と3回変えています。基本的にマンツーマンディフェンスをしているんだけど、守備スタート時の立ち位置とそれぞれの選手がマークする相手を変更していました。

 マドリーにとっては、3度目に変えた「53分54秒」からの守備がこの試合のベストの形でした。なぜなら、攻撃の選手たちの個性が生きる形に守備をハメることができたからです。そのキッカケとなったのが、「53分54秒」からのバルサのサリーダ・デ・バロン(直訳は「ボールの出口」。ビルドアップに似た言葉で、攻撃の始まりを表わすスペイン特有の表現)を見事にハメたシーンです。
 

後半立ち上がりのマドリーの守備陣形。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

53分54秒からのマドリーの守備陣形。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ここについては、「ジダン監督の指示なのか」「偶然なのか」は分かりませんが、全体のスムーズさを見る限りは、用意していたプランなのでしょうね。CBウンティティにCFベンゼマ、CBピケにFWヴィニシウス、右SBセメドに左SBマルセロ、MFブスケッツにMFイスコ、左SBジョルディにMFバルベルデ、MFデヨングに右SBカルバハルが対応するようになっていました。

 つまり、前線からのプレス時に相手を掴みに行く部分を変えました。守備を変更してから、マドリーは何もうまくいくようになりました。現在のジダン監督のチーム作りは、「守備のハメ込み → 個性を生かした攻撃」の連動性がベースにあります。

 これまでの試合でも、ヴィニシウスは攻撃時に推進力、守備時にプレスバックの良さを出していました。でも、この試合では、「53分54秒」のシーンから守備時に内側に入ることによって、ボールを奪った後の立ち位置が大外からもう一つ中のレーンになることで、より自分好みのリズムでゲームに絡むことができるようになりました。

 繰り返すになりますが、マドリーは守備のハメ込みが相手と噛み合ったときに攻撃陣の個が生きてくる。僕の中では、本来の姿ではないんだけど、ジダン監督は攻撃からチームを構築するよりは「守備をどうハメ込み、いい攻撃につなげるか」のほうが得意なんです。

【動画】クロースの絶妙アシストは必見!マドリー対バルサのハイライトはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ