ブラジルの「東京五輪候補」が豪華すぎる! ネイマール出場なら金メダル確実?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年02月11日

予選と違って本選はほとんどが欧州組か。

東京五輪世代のロドリゴ(左上)、パケタ(右上)、マルチネッリ(左下)、ヴィニシウス(右下)。(C)Getty Images

画像を見る

 アルゼンチンU-23代表が優勝した1月19日から2月9日の東京オリンピック南米予選で、辛くも2位で五輪行きを決めたのが、ブラジルU-23代表だ。
 
 今大会はヨーロッパのシーズン中だったため、23名の登録メンバーのうち欧州組はDFのイアゴ(ハンブルク)とドド(シャフタール)、MFのブルーノ・タバタ(ポルティモネンセ)、ブルーノ・ギマラエス(リヨン)、マイコン(シャフタール)、レイニエール(レアル・マドリー)、FWのマテウス・クーニャ(RBライプツィヒ)、パウリーニョ(レバークーゼン)の8名に止まった。
 
 しかし東京五輪の本番では、できる限りの最強メンバーを揃えてくるだろう。18名の登録メンバーのうち、ほとんどがヨーロッパ組になる可能性も十分にある。
 
 まずGKの候補が、ローマで控えながら才能は一級品と評判のダニエウ・フザート。またDFでは、ラツィオで主力に定着したCBルイス・フェリペをはじめ、攻撃的左SBのレナン・ロジ(アトレティコ・マドリー)とロジェリオ(サッスオーロ)、バルセロナが保有権を持つ右SBエメルソン(ベティス)、頭脳派CBのリャンコ(トリノ)などがU-23代表に呼ばれた経験がある。
 
 中盤では、技巧派アンカーのドグラス・ルイス(アストン・ビラ)を筆頭に、万能型MFのジェアン・ルーカス(リヨン)やウェンデウ(スポルティング)、ルーカス・フェルナンデス(ポルティモネンセ)など、欧州で経験を積むタレントが少なくない。
 
 そして、もっともタレント豊富なのが前線だ。マドリーの若きスターであるヴィニシウス・ジュニオールとロドリゴをはじめ、アーセナルで台頭中の18歳ガブリエウ・マルチネッリ、かつてバルサにも所属したマウコム(ゼニト)などまさに逸材揃い。南米予選で5ゴールを挙げて得点王に輝いたクーニャの立場も盤石ではないだろう。
 
 さらに、すでにA代表に定着した中にも、東京五輪世代は多数。DFではCBエデル・ミリトン(R・マドリー)、MFではミランで停滞中だが創造性は折り紙付きのルーカス・パケタ、FWでは前回のリオ五輪でも金メダルに貢献したガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C)、いまやエバートンのエースに君臨するリシャルリソン、突破力と決定力を兼備したダビド・ネーレス(アヤックス)なども、年齢的には東京五輪に参戦可能だ。
 
【関連記事】
「お金ないけど(笑)」「合意だ」ネイマールとベッカムがマイアミ移籍を約束!
アルゼンチンに続き前回王者ブラジルの東京五輪出場が決定! ここまでに参戦が決まった14か国の顔ぶれは?
東京五輪の「金メダル候補」スペイン代表に迫る! 主力メンバーは? S・ラモスの招集は?【現地発】
【東京五輪世代の最新序列】久保も堂安も安泰ではない…2019年に熾烈化したポジションは?
「試合に興味がないのか」「もう帰る準備を…」50分遅れで登場した本田圭佑の“観戦態度”にボタフォゴ・ファンの反応は?【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ