「試合に興味がないのか」「もう帰る準備を…」50分遅れで登場した本田圭佑の“観戦態度”にボタフォゴ・ファンの反応は?【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

リカルド・セティオン

2020年02月11日

ひっきりなしに携帯をいじる本田の姿に…

さっそく試合観戦に訪れた本田だったが、その姿が早くも地元ファンからの“ネタ”となっているようだ。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日曜日に行なわれたブラジルのリオデジャネイロ州選手権第6節、ボタフォゴ対フルミネンセの一戦。ピッチ上のゲーム展開に見てやきもきするのと同時に、誰もがメインスタンドを気にしていた。本田が姿を現わすのを待っていたからだ。

 しかし、本田が3人のボディーガードを従えて登場したのはキックオフからすでに50分もたってからだった。

 その時、すでにボタフォゴは0-2で負けていた。おまけにタイムアップを待たずに本田は会場から去った。試合中は、ひっきりなしに携帯をいじっているところをサポーターや現地メディアの試合中継カメラに見られていた。

 そんな本田の姿には、「本気でボタフォゴのことを考えているのか?」「ホンダはボタフォゴの勝敗に興味がない?」と憤る者もいたが、「きっとあまりの不甲斐なさに、試合を正視できなかったのでは」や「いやいや、もう日本に帰る飛行機を予約してるのさ」とチーム状況を皮肉る声も現地では目立っている。
 

 ファンの間では、0-3で宿敵フルミネンセに完敗したボタフォゴを揶揄する自虐ネタが目立った。SNSには本田が困惑気味な顔をしている写真とともに、「俺、移籍するチーム間違えちゃったかな??」や「ホンダが“ホンダ”に乗って逃げてしまうぞ」「ホンダがハラキリしたらどうしよう」といったコメントが殺到した。

 また、対戦相手のフルミネンセサポーターからは、「日本の皆さ~ん、わかりましたか~? これがボタフォゴってチームですよ!」と小馬鹿にする投稿も目立った。

 本田を欲しがっていたアルベルト・ヴァレンティン監督は、この敗戦後に解任された。結果に対して、シビアなブラジル・サッカー界ではあるが、ピッチに立つ前から日本代表MFには、猛烈な逆風が吹きつけていると言わざるを得ない。

取材・文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ