「表舞台から消えた33歳にすがるほど最悪な状況」「ファンは幻想を…」本田圭佑のボタフォゴ移籍をブラジル人記者はどう見たのか?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リカルド・セティオン

2020年02月10日

こんな状況であることを本田は分かっていたのか?

ボタフォゴのファンから熱烈な歓迎を受けた本田。期待は高まるばかりだが……。 (C) Getty Images

画像を見る

 本田圭佑の名前を聞いて思い浮かぶことがある。

 今から数年前のこと、私はTV中継でセリエAのミラン戦を見ていた。相手の守備は堅く、ミランは攻めあぐねていた。しかし、その流れを一人の日本人選手が見事に変えてしまった。試合後に彼はマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。それが本田だった。

 日本は私にとって特別な国のひとつだ。その日本の選手が、イタリアで活躍するのを見て、どこか誇らしい気持ちになったのを覚えている。

 それから数年後、本田は文字通り鳴り物入りでここブラジルにやってきた。サポーターが空港に詰めかけ、背番号入りのユニホームが飛ぶように売れ、まさに英雄扱いである。しかしフィーバーが大きくなればなるほど、心配になってくる。

 本田は確かにいい選手だ。それは疑う余地はない。しかしその目の前には多くの問題が山積みされている。
 

 ひとつは本田が選んだボタフォゴというチームの問題だ。

 この名門クラブは現在、非常に難しい状況にある。とくに財政面の問題は深刻で、クラブはゴタゴタを抱えている。

 本田はこれまでに何度も、オファーは、他のチームからもいろいろあったと発言している。ヨーロッパにもアジアにも。しかし最終的に移籍先に決めたのは、言葉も習慣も知らないブラジルの、それも深刻な問題を抱える、給料も安いチームだった。彼の言葉を信じるならば、ただサポーターの愛に応えるために……。

 おそらく世間では空港での熱烈な歓迎ぶりや、土曜日のプレゼンテーョンイベントといった明るい話でいっぱいだとは思う。確かにそれらは例を見ない盛り上がりだった。

 ただ空港に詰めかけた2000人を超えるサポーターが、少なくとも25回は「FORAVALENTIM(ヴァレンティン出ていけ)!」と叫び、「OOO MUFARREJ O BOTAFOGO NAO PRECISA DE VOCE(オー、ムファレジ、ボタフォゴにはお前はいらない)」と歌ったことはあまり報道されていないだろう。ヴァレンティンは監督の名前、ムファレジは約半年前に就任したクラブの会長の名前である。

 つまりボタフォゴはまだ開幕から1か月も経っていないのに、監督や会長の解任を求めるほど調子が悪いのだ。本田が到着する2日前にも、ボタフォゴはカシアスという全国リーグでもプレーしたことのない小さなチームに負けて、2月9日にはフルミネンセに0-3で完敗。試合後、ヴァレンティン監督は実際に解任されてしまった。

 本田は、チームがこんな状況であることを分かったうえで、ここに来たのだろうか?
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ