「サン・シーロでまた一緒に飛び跳ねようぜ」ミラン復帰のイブラヒモビッチが意気込み

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年01月03日

予定されていなかったトレーニングも。

ミランに復帰したイブラヒモビッチ。マルディーニ(左)とボバン(右)と密に話し合ってきた。画像:ACミラン

画像を見る

 スウェーデン史上最強のフットボーラーが、イタリアに帰還した。現地時間1月2日、ズラタン・イブラヒモビッチがミラノに降り立ち、ACミランと契約(半年+1年の延長オプション)を結んだ。
 
 LAギャラクシーを退団してフリーとなっていたイブラヒモビッチの、約7年半ぶりのミラン復帰が発表されたのが12月27日。それから6日後の1月2日、ミラノのマルペンサ空港にプライベートジェットで降り立ち、メディカルチェックと契約書へのサインを済ませた。本人はクラブ公式チャンネルで以下のようにコメントしている。
 
「背番号21は長男が選んだ。子供たちに空いている番号を見せて、21番をチョイスしてくれた。ここ2、3週間は妻よりも多くマルディーニ(テクニカルディレクター)やボバン(チーフフットボールオフィサー)と話していた。クラブとチームを支援し、状況を改善するためにできる限りのことをしたい。俺は欲望と自信に溢れている。ここには素晴らしい思い出がたくさんある。素晴らしいクラブ、素晴らしいチーム、素晴らしいサン・シーロのね。ファンへのメッセージ? 俺はついに戻ってきたぜ。サン・シーロでまた一緒に飛び跳ねようぜ」
 
 17節を終えて16ゴールしか奪えず、11位に沈むミランを助けるため、38歳のイブラヒモビッチは燃えている。ミラノに降り立ったこの日もミラネッロ(ミランの練習場)を訪問し、当初は予定されていなかったジムトレーニングに精を出して、さらにステーファノ・ピオーリ監督とも対面した。
 
 約2か月以上も公式戦に出ていないため、当初は1月15日のスパル戦(コッパ・イタリア)でのデビューが濃厚と見られていたが、1月6日のサンプドリア戦でベンチ入りする可能性もあるという。イブラヒモビッチはミランを救えるのか。要注目だ。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ