5つの視点から読み解くバルサの問題点――このまま「その他大勢」に成り下がるのか【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2019年12月25日

バルサのフットボールから独特の魅力が失われた

桁違いの決定力を見せ続けているメッシ。依存度は増すばかりだ。(C)Getty Images

画像を見る

 ペップ・バルサがアブダビで6冠の偉業を達成してから、ちょうど10年の歳月が経過した。ヨハン・クライフが持ち込んだアイデアをジョゼップ・グアルディオラが具現化させ、ポジションチェンジ、ボールポゼッション、プレスを基盤にしたそのフットボールは連動性、ダイナミズム、モダンさ、攻撃マインドに溢れていた。

 そしてそのプレースタイルをもっとも体現していたのが中盤の選手たちだった。しかし時代は流れ、ジェラール・ピケ、リオネル・メッシ、セルヒオ・ブスケッツといった当時のチームの唯一の生き残りメンバーもベテランの域に突入。彼らをはじめとした主力の高齢化に伴い、パススピードとプレーリズムが低下し、バルサのフットボールから独特の魅力が失われてしまった。

●トリデンテ
 今シーズンからルイス・スアレスとメッシとともに前線のトリデンテを形成しているのがアントワーヌ・グリエーズマンだ。ドリブルの突破力は不足しているものの、味方、相手の動きを察知し、空いたスペースに走り込む能力においては右に出る者がいない。

 さらに守備の献身性も兼ね備え、メッシとルイス・スアレスが前線に留まりプレスバックを免除されているバルサにおいて、その貢献は欠かせない。しかし1人の頑張りでは限界があり前線からボールを奪いに行ってもプレスが連動性を欠き、それは後方の選手たちの守備の負担増となって跳ね返っている。エルネスト・バルベルデ政権が誕生してからの過去2シーズン、15、16と推移していた敵陣でのボール奪取数が今シーズン14(チャンピオンズ・リーグに限定すると11)に減少しているのはその必然の結果である。
 
●守備力の低下
 プレスの連動性が低下すれば、ラインは間延びする。加えてチーム全体の運動量が落ちているためスペースが広がれば広がるほど、ボールへの反応がワンテンポ遅れ、パスを回されるとなかなかインターセプトできない。先のクラシコでも敵の中盤のトニ・クロースやフェデリコ・バルベルデに何度もそうした弱点を突かれた。

 ラ・リーガでの1試合当たりの失点1.18は過去10年でワーストの数字だ。近年、戦術面においてトリデンテにかかる比重が大きくなる一方だが、それはまたバルサのフットボールの主役を担ってきた中盤のプレゼンスの低下の裏返しでもあるのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ