ボール、プレー、そして魂を失ったバルサ。メッシまで嫌気をさして…【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2019年12月04日

ライカールト政権の最終年を想起させる

このイニエスタが去って以来、バルサは様々なファクターを失った。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナはフットボールすることを忘れてしまったようだ。そのプレーからは個性もオーガナイズもインテンシティーもモビリティーもリズムもスピードも感じられず、試合を見ていると退屈感や倦怠感を引き起こさせる。
 
 ピッチ上で展開される連携プレーはオートマチズムよりも、選手間の親密性が優先され、メッシの多彩なキックと、運も味方にセットプレーからの得点で何とか勝点をもぎ取っているのが現状である。実際、チャンピオンズ・リーグ(CL)の第5節ボルシア・ドルトムント戦を迎えるまで直近4試合で挙げた全7得点のうち流れの中での得点は1つに過ぎなかった。
 
 それでもエルネスト・バルベルデ監督や選手たちはラ・リーガとCLのグループステージで首位を走っている事実を盾に虚勢を張り続けているが、こうした結果至上主義がバルサで機能したためしがない。
 
 思い起こさせるのはエースのロナウジーニョが練習場よりもディスコにいる時間のほうが長いと揶揄されたフランク・ライカールト政権の最終年(07-08シーズン)だ。この時もチームが明らかに破綻をきたしているにも関わらず、会長のジョアン・ラポルタはペーニャ(ファンクラブ)会員の前で「いわれるほど重症ではない」という有名なセリフで反論したが、案の定チームは無冠に終わった。
 
 憂慮すべきは、選手たちが成功とお金を手にしたことでフットボールへの情熱を失ってしまっているように見えることだ。年々、重鎮選手たちの発言権が増し、さらに過去の実績を重んじて結んだ長期契約がその力を一層肥大化させる結果となっている。バルベルデ監督もリーダーシップを発揮する余地がなく、完全に停滞するチームの犠牲となってしまっている。
 
 もちろん指揮官はただ手をこまねいているわけではない。とくに今シーズンはチームを活性化すべく積極的な選手起用を見せているが、補強の目玉のアントワーヌ・グリエーズマンはピッチを彷徨い続けるだけ。フレンキー・デヨングにしても少なくとも幅広く動き回っているが、そこにこれといったチームとしての狙いは見られず、カルレス・ペレスとアンス・ファティも開幕当初の輝きを失ってしまった。
 
 ただこうした若手や新戦力がチームのカンフル剤的な役割を果たせないのは、何も今シーズンが初めてではない。彼らのプレーは重鎮選手の存在感に常に気圧されがちで、原因はやはり新陳代謝の停滞に求めるべきだろう。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ