16歳でU-23チームに飛び級! 日本代表にも牙を剥いたチェルシーの俊英FWハドソン=オドイ【プレミア逸材名鑑】

カテゴリ:メガクラブ

内藤秀明

2019年11月03日

コンテ体制末期に光を与えた俊英

これまでに数多くの名手を輩出してきたチェルシー・アカデミーの最高傑作との呼び声が高いのが、このハドソン=オドイだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 2017-18シーズンのプレミアリーグ第25節、チェルシーが本拠地にボーンマスを迎えた一戦は、チェルシーのファンにとって良くも悪くも忘れられない試合となっている。

 当時のチェルシーは、イタリア人監督アントニオ・コンテ体制の2年目だったが、チームには停滞感があった。前シーズンの見事なプレミア制覇が嘘のように、このシーズンはアルバロ・モラタを含め、攻撃の担い手たちのパフォーマンスが一向に上がらなかった。

 12位だったボーンマスを迎えたこの試合も、チームのマンネリ感を象徴するような展開となる。前半から拙攻が目立ち、なかなか得点を挙げられずにいると、51分に先制を許したのだ。

 少しずつスタンフォード・ブリッジに暗雲が立ち込めていくなか、一筋の光となったのが、当時17歳のカラム・ハドソン=オドイだった。

 61分にピッチへ送り出され、プレミアデビューを飾ったアカデミー出身の俊英は、スピード感に溢れたドリブルと柔軟なタッチで次々とチャンスを演出し、精彩を欠く前線を活性化させた。

 結局、試合は0-3で敗北を喫したものの、生え抜きのティーンエージャーが披露したパフォーマンスはクラブの未来に希望を抱かせるインパクトがあり、何より目の肥えたブルーズ(チェルシーの愛称)のファンたちを唸らせた。
 それから約2年――。今シーズンのハドソン=オドイは、今年4月に負ったアキレス腱断裂の影響で出遅れたが、9月25日のグリムズビー戦(リーグカップ)で復帰してからはスタメンに定着。1ゴール・4アシストと目に見える結果を残し、フランク・ランパード新政権下でも、サイドからの積極的な仕掛けで違いを作り出している。

 まだ18歳ながら名門チェルシーで主力級となった逸材は、どのような環境で育ち、その才能を開花させたのだろうか。

 ロンドン南部に生まれ育ったハドソン=オドイは典型的なサッカー少年だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ