【消えた逸材】リケルメ以上と評された「新しいマラドーナ」は、なぜ輝けなかったのか

カテゴリ:ワールド

チヅル・デ・ガルシア

2019年10月21日

「早すぎた移籍」がキャリアを左右する分岐点に

ボカからステップアップの移籍を実現し、ミドルスブラでプレーしていた頃のマリネッリ。フットボーラーとしての素質は確かだったが……。 (C)Getty Images

画像を見る

 アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルスが、育成に定評のあったアルヘンティノス・ジュニオルスからユース世代の有望な若手をごっそりと買い取ったのが1997年。その中に、ファン・ロマン・リケルメがいたことは、今でもボケンセ(ボカのファン)たちの記憶に残っているはずだ。
 
 だがもうひとり、「新しいマラドーナ」と呼ばれ、将来を大いに期待された10番がいた事実を覚えている人は、はたしてどれくらいいるだろうか。
 
 男の名はカルロス・マリネッリ。確かな戦術眼と優れたテクニック、さらに得点力も兼ね備えていたエンガンチェ(トップ下)の逸材は当時、リケルメ以上に高い評価を受けるスター候補のひとりだった。
 
 アルヘンティノスの指導者たちからも太鼓判を押されていたマリネッリは、12万ドル(約1320万円)の「移籍金」でボカに渡ると、下部リーグでもその才能の片鱗を示しつづけ、99年、まだ17歳だったにもかかわらず、U-19チームのメンバーとして欧州遠征に参加した。
 
「新しいマラドーナ」の肩書きを持つ若者に、欧州のスカウトが着目しないわけがない。とりわけ強い興味を示したのがイングランドのミドルスブラで、ボカのトップチームではまだプレーした経験がなく、レセルバ(サテライトチーム)で1試合に出場しただけのヤングレタレントを400万ドル(約4億4000万円)で落札した。
 
 アルゼンチン出身のティーンエージャーにとって、イングランドでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートするのは夢である。その夢を実現したのだ。しかし、この「早すぎた移籍」が、マリネッリのキャリアを大きく左右する分岐点だったと言っていい。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ