【消えた逸材】バルサのカンテラで「メッシと双璧」と呼ばれたMFは、なぜ表舞台から姿を消したのか

カテゴリ:連載・コラム

下村正幸

2019年08月16日

メッシも「ナンバー1はビクトル」と認めていたほど

バルサのカンテラ時代は超逸材と持て囃されたV・バスケス。トップチームではわずか3試合の出場に終わった。(C) Getty Images

画像を見る

 かつてバルセロナのカンテラ史上「最強」と呼ばれたチームがあった。2002-2003シーズンのカデーテA(U-16)だ。

 最終ラインにジェラール・ピケとマルク・バリエンテのCBコンビが君臨し、中盤ではセスク・ファブレガスがゲームメイク。そして、トップ下のリオネル・メッシとともにゴールを量産していたのが、ビクトル・バスケスだ(攻撃的MFが主戦場ながら、当時はセカンドトップとして起用されていた)。

 もちろん、メッシは当時から極上の輝きを放っていたが、V・バスケスも決して引けを取らなかった。実際、メッシも「ナンバー1はビクトル」と認めていたほどだ。セスクも後にこう振り返っている。

「あのふたりは別格だった。よくゴールを競い合っていたよ。ひとりが4点を決めれば、次の試合でもうひとりが5点を奪うといった具合にね」

 ふたりはお互いの存在を高め合う、良き好敵手だったのだ。
 
 しかし、その後のキャリアは残酷なほどに明暗が分かれた。メッシがスーパースターへの階段を駆け上がっていった一方、V・バスケスはトップチームでわずか3試合しかピッチに立てなかった。Bチーム時代に指導を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督にも、「特別な才能を持っている」と言わしめた逸材は、なぜ大成できなかったのか――。その最大の要因となったのは、故障だった。

 2008年4月に21歳でトップデビューを飾り、まさにこれからという時だった。2009年の2月、Bチームの試合で右膝を負傷する。関節がずれ、選手生命が危ぶまれるほどの大怪我で、14か月のリハビリを余儀なくされた。当時のバルサは、グアルディオラ監督の下、ピケ、セルヒオ・ブスケッツ、ペドロ・ロドリゲスといった同世代のカンテラーノが次々にブレイクしていた。それなのに、カンテラ時代はトップランナーのひとりだった自分は、過酷なリハビリの日々。その心中は察するに余りある。

 周囲のサポートもあり、何とか戦線に復帰したV・バスケスは、2010年12月のチャンピオンズ・リーグ(ルビン・カザン戦)で復活のゴールを挙げる。だが、これがトップチームでの最初で最後の得点となった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ