偉大なる先達ギグスも絶賛! 不振のマンUを牽引する“急先鋒”――ダニエル・ジェームズ【プレミア逸材名鑑】

カテゴリ:メガクラブ

内藤秀明

2019年09月30日

12歳でサッカーを辞めようと…

両サイドを疾走し、ユナイテッドの攻撃陣を牽引するジェームズ。そのパフォーマンスは不振のチームにあって際立っている。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドは、攻撃陣がピリッとしない。

 プレミアリーグでの総得点「8」は、ビッグ6の中では最小で、チェルシーとの開幕戦で4-0の勝利を飾ってからは、5試合で4得点と、1試合あたりの得点数が1点を下回る体たらくだ。

 ただ、不調にあえぐ攻撃陣のなかで孤軍奮闘し、チームを牽引している若きウインガーがいる。それがダニエル・ジェームズだ。

 現在21歳のウェールズ代表FWは、今夏の移籍市場で総額1800ポンド(約26億円)でスウォンジーからユナイテッドに加入すると、即座にチームにフィット。プレシーズンマッチこそ、やや遠慮気味にプレーしていた印象があったものの、開幕後は積極果敢にドリブルを仕掛けて存在感を発揮。全6試合に出場して3ゴールをゲットし、ファンの心を掴んでいる。

 プレミア初挑戦ながら注目の的となっているジェームズは、昨シーズンの開幕時点では、ほぼ無名の存在だった。これまでどんなキャリアを送ってきたのだろうか。

「ダン」の愛称で呼ばれる若者は、ウェールズではなくイギリス北部ヨークシャーで生まれ育ち、8歳でハル・シティのアカデミーに加入すると、すぐさま才能が開花。スピーディーなプレーに磨きをかけ、気づけば中心選手となっていた。

 だが、プロデビューするまでの道程は、順調ではなかった。精神的に落ち込む時期もあり、一時はサッカーを辞めようとも考えた。

 その理由を、ユナイテッド公式のインタビューで、こう明かしている。

「12歳の時はサッカーが楽しくなかった。学校が終われば夜は練習で、友だちと遊ぶ時間もなかったからね。僕は学校の友達を大事にしていたし、とても寂しく感じていたよ」

 結局、ハルのコーチ陣たちから熱心に引き止められたことで、サッカーを続ける道を選んだジェームズは、2014年に16歳でスウォンジーのアカデミーに移籍。その後は少し時間を要したが、昨年2月、FAカップでプロデビューを果たした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ