「トップ下+ストライカー」南野拓実はなぜゴールを量産できるのか【小宮良之の日本サッカー兵法書】

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2019年10月17日

グリエーズマンの特長はファーポストでのゴールが多い点

日本代表ではここ4試合で5ゴール。南野が攻撃を牽引する。(C)Getty Images

画像を見る

 フランス代表エースとしてロシア・ワールドカップで優勝したアントワーヌ・グリエーズマン(バルセロナ)は、セカンドストライカーとして世界で一、ニを争う選手と言えるだろう。

 ドリブルで持ち込み、決定的なパスを繰り出し、コンビネーションからゴールに迫れる。プレースピードに優れ、前へ押し出すような凄みを持っている。シュートの形は、多彩だ。

 利き足の左足で巻くようなシュートだけではない。GKとの1対1も得意。トップスピードのまま、ボールを思うままにコントロールできるだけに、意表をつける。また、右足でも、ヘディングでも、得点できる。

 グリエーズマンは、ゴールに対する集中力が際立って高い。最初に、シュートの選択肢を探している。セカンドボールに対しても、怠らずにポジションを取れる。
 
 特筆すべきは、ファーポストでのゴールが多い点か。相手のマークから逃げるような動きに長けている。スペースを認識する能力に優れ、密集地帯に飛び込まず、自分がシュートするスペースを必ず担保できている。相手を釣る動きをすることで、外側でフリーになれるのだ。

「DESMARQUE」

 スペイン語で「マークを外す」という戦術的な動きに抜きん出ている。

 プロデビューを飾ったレアル・ソシエダで、グリエーズマンはすでに非凡な選手だった。しかし勝気さもあって、ニアに突っ込む癖があったという。

「ファーで準備しろ」

 そういうアドバイスを受けたことで、ファーポストでの得点が劇的に増えたそうだ。

 森保ジャパンで最多得点を挙げているFW南野拓実(レッドブル・ザルツブルク)はグリエーズマンと、プレースタイルが似ているかもしれない。

 ゴールに対する意識が高く、それに必要なスキルも持っている。利き足は右足で違うが、シュートに行くタイミングなどは通じる。反転が速く、シュートに持ち込むスピード、インテンシティーは特長的。トップ下的な選手でありながらも、同時にストライカーの匂いを漂わせる。

 そしてクロスに対して、呼吸を合わせ、マークを外す術にも長ける。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ