金田喜稔がタジキスタン戦を斬る!「嫌な流れを変えたのは18番。ヒデみたいで面白いね。森保監督のなかで久保の序列は…」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月16日

伊東を代える理由はないと思うけど…

トップで先発した鎌田。ゴールはなかったが持ち味は発揮した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 タジキスタンは攻守の切り替えが速く、思った以上に手強い相手だった。プレッシングひとつとっても規律があり、これまで2次予選で対戦したミャンマー、モンゴルと比べると相当レベルが高かった。加えて、慣れない人工芝で踏ん張りが利かず、滑ったり、引っ掛かったりしてボールコントロールやキックに影響が出ていたと思う。

 前半は先制点を奪われていてもおかしくなかったし、そうなっていたらどんな展開になっていたかわからない。それだけに、権田の好セーブは大きかった。

 そんな嫌な流れを変えたのが18番の鎌田だ。ストライカーというよりは、シャドー的なポジションを得意としているけど、モンゴル戦の永井に代わって前線で起用された。後半から南野とポジションを入れ替えて、やや下がり目でボールを引き出して基点になり、攻撃のリズムが良くなった。あれは、森保監督の指示というよりは、ふたりで決めたんじゃないかな。

 鎌田は面白いね。落ち着いていて、ボールを失わない技術もあるし、ドリブルしながらでも姿勢が崩れず、広い視野を確保できる。あの持ち方はヒデ(中田英寿)に似ている。もちろん、大迫のポジションで出たのであれば、シュートへの意識など物足りない部分もあるけど、今後も楽しみな存在だ。
 
 後半、リズムが良くなった日本に先制点をもたらしたのは、またしても南野だった。人工芝のなかで中島が上げた正確なクロスを、南野がしっかり決めてくれた。こういうゲームの中で決め切れる選手がいるのは、本当に大きい。2点目も酒井のクロスに上手く合わせた。このゴールでほぼ勝負は決したと思う。

 森保監督は、モンゴル戦で活躍した伊東純也ではなく、堂安を右サイドで起用した。個人的には、あれだけ良かった伊東を代える理由はないと思うけど、堂安は代表ではこのところ良くなかったし、きっかけを掴んでほしいと思って送り出したのかもしれない。

 シュートやクロスなど、もう少し積極的に行ってもよかったと思う。簡単な相手ではなかったとはいえね。
【関連記事】
【タジキスタン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本3-0タジキスタン|採点&寸評】殊勲はW杯予選3戦連続弾の頼れる男! 権田も好セーブで貢献
【セルジオ越後】大迫、冨安が不在でも何事もなく2連勝。2次予選はやはり主力を固定するよりも…
「粉砕された」「いくら攻めても、何も起こらなかった」タジキスタン地元メディアは日本との実力差にぼう然
【橋本英郎】驚かされたタジキスタンの闘う姿勢。“緊張感”を欠いたままなら日本の最終予選は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ