【連載・東京2020】岩崎悠人/前編「知られざる幼少期の物語。なぜ、一度離れた故郷に戻る道を選んだのか」

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年05月08日

活発だった少年時代。偶然の産物だったサッカーとの出会い

幼少期から活発な性格だった岩崎。近隣にサッカーを習う環境がなければ、他の競技に進んでいた可能性もあったという。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2020年に開催される東京五輪。本連載では、活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る。

 2回目は、世代屈指の突破力を誇る岩崎悠人が登場。京都橘高ではキャプテンとしてチームを牽引した。最終学年の高校サッカー選手権では2回戦で、杉岡大暉(現湘南)、原輝綺(現鳥栖)を擁する市立船橋高と大会史上稀にみる激闘を繰り広げた。0-1で敗れたものの、記憶に残っているファンも多いはずだ。
 
 卒業後は京都に加入し、1年目からレギュラーとして活躍。プロ入り3年目の今季は札幌に移籍し、J1デビューを飾った。

 3月中旬のU-23アジア選手権予選でも活躍した20歳のアタッカーは、ここまでいかなる道を歩んできたのか。前編では幼少期から中学時代の歩みを振り返る。
 
───◆───◆───
 
――サッカーを始めたきっかけを教えてください。
何かしら、スポーツをやりたかったんです。小学校1年生からクラブに入れる競技があまりなく、(近場で通うことができたので)サッカーを気が付いたらやっていましたね。
 
――となると、運動は元々好きだった?
幼稚園の頃から休み時間にサッカーで遊んでいました。ただ、それ以外にも野球、水泳などもやっていましたね。
 
――小学生の頃はどのポジションをやっていたんですか?
ボランチです。真ん中にいて全部ひとりでプレーするみたいなタイプでした。
 
――チームでも一番上手くて、中心選手だったのでしょうか?
そうですね。全部ひとりでやっていました。(チームも)県でベスト4に入るぐらいの強さがありました。
 
――遊びもサッカーが中心だったんですか?
その通りです(笑)。小学校の時は家で宿題を終わらせて、また学校に行ってサッカーをする毎日でしたね。
 
――中学では地元を離れ、JFAアカデミー福島に入りました。そのタイミングで越境するのはなかなかできない決断です。
小学校5年か6年の時だったかな......。他のチームですが、ひとつ上の谷口憧斗さん(現阪南大)がめちゃくちゃ上手かった。憧れていたんです。その谷口さんがアカデミーに入ったので、僕も行こうと決心しました。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ