久保建英や“韓国の至宝”は何位? 2001年生まれの「推定市場価格」ランキングを紹介!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月19日

モナコから4選手がランクイン

いずれも2001年生まれの久保(左上)、ロドリゴ(右上)、イ・カンイン(左下)、ペッレグリ(右下)。その推定史上価格は? 写真:Getty Images、茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグの序盤戦を沸かしているのがFC東京の久保建英だ。弱冠17歳にもかかわらず、スタメンに定着し、小気味のいいドリブルや独創的なプレーを披露。ファンの心をがっちり掴んでいる。

 その久保と同世代には、どんな選手がいるのか? 同じ「2001年生まれ」のプレーヤーを対象に、ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が独自に算出している「推定市場価格」を基にランキングを作成。トップ10を紹介する。

 1位に輝いたのは、ブラジルU-20代表FWのロドリゴだ。同じサントス出身の先輩になぞらえ、“ネイマール2世”とも称されるアタッカーは、今夏にレアル・マドリーへの移籍が内定している。その移籍金は18歳未満の選手としては歴代1位の4500万ユーロ(約58億5000万円)で、推定市場価格は4000万ユーロ(約52億円)と同世代では断トツだ。

 2~4位は、若手の発掘・育成に定評があるモナコの3人が並んだ。1200万ユーロ(約15億6000万円)で2位のウィレム・グベルは、リヨン時代にアーセナルなどのメガクラブがこぞって獲得に動いた“アンリ2世”。18年夏に、その本家を育てたモナコへと移籍した。

 そのモナコで急成長を遂げているのが3位のブノア・バディアシル。194センチの長身で左利きのCBは、今シーズンの後半戦から出番を得てここまで17試合に出場。定位置を確保しつつある。

 4位のピエトロ・ペッレグリは、ジェノア時代の16年12月にセリエA最年少記録に並ぶ15歳280日でトップデビューを飾った本格派のCFだ。すでにイタリア代表の招集経験もある大器で、18年1月にモナコに引き抜かれる際には、ボーナス込みで3100万ユーロ(約40億3000万円)という16歳にしては驚きの高値が付いた。その事実からも、そのポテンシャルの高さがうかがえる。
 
 “韓国の至宝”イ・カンインは750万ユーロ(約9億7500万円)で5位にランクイン。今シーズンにバレンシアでトップデビューを飾ったレフティーは、卓越した技術と優れた状況判断能力を披露。3月には韓国代表に招集されるなど、一気に評価を挙げている。

 久保建英は日本でプレーしていることもあり、50万ユーロ(約6500万円)に留まり、ランク外の22位タイだった。日本人ではもちろんトップだ。

 2001年生まれの「推定市場価格」トップ10は以下の通り。

【2001年生まれの「推定市場価格」トップ10】※1ユーロ=約130円
1位:ロドリゴ       4000万ユーロ(FW/サントス/ブラジルU-20代表)
2位:ウィレム・グベル   1200万ユーロ(FW/モナコ/フランスU-18代表)
3位:ブノア・バディアシル 900万ユーロ(DF/モナコ/フランスU-19代表)
4位:ピエトロ・ペッレグリ 800万ユーロ(FW/モナコ/イタリア代表)
5位:イ・カンイン     750万ユーロ(MF/バレンシア/韓国代表)
6位:ティアゴ・アルマダ  500万ユーロ(MF/ベレス/アルゼンチンU-20代表)
7位:ヤリ・ヴェルスカエレン 400万ユーロ(MF/アンデルレヒト/ベルギーU-19代表)
8位:ウィリアム・サリバ  300万ユーロ(MF/サンテティエンヌ/フランスU-20代表)
8位:ユーリ・アウベルト  300万ユーロ(FW/サントス/ブラジルU-20代表)
10位:ブライアン・ヒル   250万ユーロ(FW/セビージャ/スペインU-19代表)
10位:アン=ノア・マセンゴ 250万ユーロ(MF/モナコ/フランスU-18代表)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ