【J1採点&寸評】清水0-2浦和|試合巧者ぶりが際立った浦和。“平成最後のゴール”を奪ったエースをMOMに選出!

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2019年04月28日

清水――試合内容は悪くないが…

【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】興梠慎三(浦和)

画像を見る

[J1リーグ9節]清水0-2浦和/4月28日(日)/アイスタ
 
【チーム採点・寸評】
清水 5.5

セットプレーと終了間際のカウンターで2失点。内容は悪くないが、相手のゲームプランにはめられた印象は拭えない。
 
【清水|採点・寸評】
GK

13 六反勇治 5.5
1失点目は興梠のシュートのセーブが運悪くマウリシオの正面にこぼれ、2失点目は前掛かりになったDFの裏を突かれた。GKを責めるのは酷な失点に。
 
DF
2 立田悠悟 5.5
怪我の竹内に代わってキャプテンマークを巻いて出場。対峙した興梠にヘディングでは負けていなかったが、うまく身体を入れられ、起点を作られる場面がいくつかあった。
 
3 ファン・ソッコ 6 
興梠や武藤を相手に危なげなく対応し、セカンドボールも冷静に回収できていた。ただ結果としてチームの2失点は悔しい結果に。
 
18 エウシーニョ 5.5
多彩なキックで金子や北川にボールを届け、局面を打開しようと奮闘。ただ前掛かりになり、山中に裏を突かれるシーンも目立った。
 
25 松原 后 6
左サイドから崩される場面はほぼなく、森脇にはうまく対応していた。右足のクロスでチャンスを演出するなど、悪くはない出来。

MF
7 六平光成 6

目立ちはしないが、正確な技術でパスを散らして怪我の竹内に代わってゲームメイクをこなした。前半終了間際に見せた中村への浮き球のパスは見事。
 
22 ヘナト・アウグスト 6.5
中盤からディフェンスラインのあらゆるところに顔を出しスペースを埋めれば、ロングボールに対して圧巻の空中戦の強さも見せた。
 
20 中村慶太 5.5 (77OUT
2試合ぶりの出場で効果的な縦パスを供給していたものの、決定機に絡むシーンは少なかった。
 
30 金子翔太 6
鈴木との1対1のシーンでシュートまで持ち込めなかったのは残念だが、攻守において運動量豊富で技術の高さを随所に披露した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ